yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




ヒカルさんのWS  

先週末はヒカルさんのWSがUNIVAで開催された。

ヒカルさんは年に一度UNIVAに来てくれるので挨拶程度の面識はあったけど
なかなかタイミングが合わず これまで彼女のWSを受けたことがなかった。

なので今回が初ヒカルWS…わくわく。 


1日目はシヴァナンダWS。

まずはヒカルさんのマントラから始まる。

このままずっと聞いていたい…という衝動に駆られるくらい美しすぎるその歌声。
深遠かつ透明感溢れる歌声の中へと次第に吸い込まれ いつしか平穏の彼方へ。

安らぎを取り戻した後に行うウォーミングアップの太陽礼拝は
まるでジェットコースター並みのスピード。

変換の速さに若干戸惑いつつ 高速太陽礼拝を行うことで再び無心の境地。

それから行っていくポーズのひとつひとつは
決して身体に負担をかけるような難易度の高いものではないのに
なぜか全身にじっとりと汗がにじみだしてくる。

シヴァナンダヨガは地味にきついよ…
クラス前ヒカルさんが言った言葉がぴったりだ。

ポーズとポーズの間に行うシャバーサナがかなり効果的で
静と動を繰り返しながらゆったりと自分の内側をを見つめていく…とても心地よい時間だった。


2日目はアーユルヴェーダWS。

アーユルヴェーダにはずっと関心があったのだけど なかなかちゃんと勉強する機会がなく
今回ヒカルさんの教えが私にとっての最初のアーユルヴェーダ学になったのはほんとにラッキーなことだ。

ヒカルさんの話は理路整然としていて でも押しつけがましくなく
自然と耳の中に入り 頭全体に広がっていく…そんな感じ。

2時間半もの間ほとんどヒカルさん一人で喋りっぱなし。
なのに間延びすることなく 生活リズムと食事のポイントを的確に説明。

アーユルヴェーダでは食事の内容以上に
身体が何かを欲してるサイン 身体を休ませたり動かしたりするタイミング
そういったものを敏感に感じ取り そのサインやタイミングを逃さないように生活することが大切だそうだ。

食事に関しては人それぞれ違った体質があるので
その体質を見極めそれに見合った食べものを取ることが大切で
むやみな食事制限や体質に合わない食事法はおススメしない…ということ。

食事をとるタイミングとか量とか消化にかける時間…
そういったものに気を配る方が体の健康のためには何倍も効果があるということ。

どれもこれも目からウロコな興味深い話満載で とても学び深い時間だったのだけど
この時間内ではとうてい学びきれないアーユルヴェーダの膨大な知識…
今WSでさらに関心が深まったので 今後は自分でも少しずつ勉強していきたいな。


この日まで私がヒカルさんに抱いていたイメージは 華奢で可憐な典型的日本美人…
だったのだけど 今回いろいろと話をしてその人柄に触れたことで そのイメージが180度転換した・笑。

気風のいいサバサバっとした物言いは男前で格好よく
知的な印象はそのままに その知性溢れる雰囲気が自然とにじみ出る素敵な女性。

1年後またヒカルさんに会うその日が今から楽しみだ。


WSが楽しすぎて写真を撮るのを忘れてしまったので…汗
UNIVAのmayuちゃんがFBに掲載していた写真を拝借。



中央ヒカルさん・右mayuちゃん…と美女2人に並んで左側に位置する男性。

UNIVAのayaちゃんが「一瞬川越シェフに見えた!笑」とコメントしたくらいイケメン君に変身したこのお方…
そう 彼こそUNIVAの西生オーナーです。

オーナーこんなにイケメンでしたっけ!?
私もこの写真見て何度も目をこすりました笑。

数年前のオーナーはどんなに目を凝らしてみてもどこにも見当たりません。
(ビフォーアフターはオーナーの昔のブログのどこかにあるはずです笑)

みーこが生まれて以降 カッコいいお父さん大作戦をこつこつと実践してきた甲斐がありましたね。
ほんと素晴らしい。

その大作戦の中にはもちろんヨガも含まれてます。
ヨガは女性だけがキラキラ輝くものではありません。
男性だってこのように見事な白鳥へと変身できるのです!

世の男性のみなさま
今からでも遅くありません。大変身を目指してヨガを始めましょう!

general yoga UNIVAは男性だってもちろんOK!の万人に門戸を開いたオープンなヨガスタジオです。
皆さまのお越しをスタッフ・イントラ一同心からお待ちしてます♪


最後は宣伝に転じました…あしからずw

category: yoga

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/970-e4bba36a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)