yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




11月10日  

満月の今日は穏やかな朝。
練習は休みでもやはりいつもの時間に目が覚める。
うつらうつらしながら7時頃までベッドの中。
シャワーと洗濯をのんびり済ませながら、朝日を気持ちよく浴びる。
8時過ぎ、めぐみちゃんと待ち合わせてAnokhi gardenへ。
朝が早いヨギーたちでテラス席はいっぱい。
室内席に行くとラッキーにも貸切状態だった。

昨日フレアが頼んでいたサラダを注文するも、サイズを間違え量が足りず(涙)
パンケーキを追加注文。

めぐみちゃんもチョコバナナクレープを追加注文。

甘党女子には答えられない朝食です(笑)
お互い半分づつ分け合い見事完食(笑)

Anokhiで偶然出会ったホー、実は彼女は今日マイソールを発つという。
ハグやらキスやら、ブラジル人らしい情熱的な別れをたっぷりとしてくれる。
こういうストレートな感情表現羨ましいな。
ま、私には無理だけど(笑)
こうして最初からいた人々が次々と去り、ニューフェイスが次々とやってくる。
私も間もなく前者の仲間入り。

昼前、めぐみちゃん宅にブラジル人のエリカとサトリちゃんが到着。
同じブラジル人でもホーとは雰囲気が全く違うエリカ。
旦那さんが日本人だからか、なんとなく日本人に近い感じがして親近感が湧く。
1ヶ月後にパパが合流する予定の2人は、今日から2ヶ月ここマイソールでの生活が始まる。
エリカはいち早くサトリちゃんのプレスクールの手続きを済ませた様子。
マイソール2度めの彼女にとって、ここは未開の土地ではなく懐かしのふるさとのようだった。
サトリちゃんは人見知りしない明るい性格。
ブラジル人のママと日本人のパパを持つハーフの彼女は、ポルトガル語と日本語を器用に操るけど逆に英語はまだあまり理解できないらしく、これから勉強していくとのこと。
いつか3ヶ国語を操るバイリンガルになるんだろうなー。

サトリちゃんがココナッツウォーターを飲みたいと言うので、ココナッツスタンドに連れて行く。
めっちゃ真剣に飲んでます(笑)


近寄る犬を警戒しながらもココナッツウォーターを飲み続けます(笑)

エリカは着いた早々スーパーに行きたいというので、私も一緒に着いていく。
女はなぜこう毎日買い物しても飽きないんだろう(笑)
昨日行ったスーパーよりもさらに大きいeasy dayというスーパー。
ここも荷物を預けるシステムで、厳重な警備が敷かれていた。
ウォルマート系列かな?
ロゴや商品が類似している感じ。
ここはインドではなくアメリカンテイスト満載の品揃えだった。
でも価格はインドプライス。
バスマットやキッチン用品などはローコストハイパフォーマンスで、喉から手が出るほど欲しかったけど、帰りの荷物の恐ろしさを考えて泣く泣く諦めた。
エリカはさすがマイソール生活2度めとあって商品選びは慣れたもの。
生活必需品を次々と選んではカートの中にどんどん入れていく。
いつの間にかカートが山盛り状態になり、それ持って帰れるの?と不安になるほどの莫大な量をお買い上げ。
2ヶ月も住むんだもんね、やはり生活の基盤をしっかり作るんだな…とちょっぴり羨ましい私。
一旦家に戻り荷物を置き、もう14時になろうとする時計を見てお腹が空いていることに気づいた私たちは、ランチをしにグリーンリーフを目指す。
3人ともおおよその地図しか頭に入っていなかったが、だいたいあの辺だろうとうる覚え状態で店へと歩いた。
…で、やっぱり迷った(笑)
途中で繰り返し道を尋ねながらようやくたどり着いたグリーンリーフ。
空腹と疲労とで、店の看板を見つけた時はまるで楽園にたどり着いたかのような嬉しさだった。
グリーンリーフに来たのは2回目。
マイソールに着いたばかりの初日にここに連れてきてもらい、昼過ぎにも関わらず相方がドーサを作ってくれるよう従業員に交渉し(ドーサは朝食用)初めてドーサを食べた記憶が蘇ってきた。
まだ一ヶ月も経っていないのに、もっとずっと前の出来事だったかのように感じる。
昼を大きく過ぎているというのに店内は地元の人で満席。
さすが人気店。
私はめぐみちゃんとシェアする形で、マンチュリアン、パニール、チャパティ、ベジライスを注文。

辛いけど美味しい!
ここ2~3日お腹の調子がよくなかったのでスパイシーなインド料理は避けていたんだけど、久々の刺激に幸せを感じるなんて、私の身体相当インド化してるな(汗)
めぐみちゃんオススメの初マンチュリアン。

カリフラワーを揚げて中華な味つけしたもの。
インドには中華料理がインド化したものがたくさんあるらしく、これもそのひとつ。
スパイスが効いてて病みつきになる味。
エリカとサトリちゃんはターリーをシェア。

サトリちゃんはラッシーに夢中(笑)
食後のスイカジュース。

ヤミー!
私はもともとそんなにスイカ好きじゃないんだけど、このスイカジュースはLOVE。
スイカってジュースになるとこんなに甘くなるんだろうか?
それともインドのスイカが特別甘いのかな?
お腹も満たされたとこで、エリカのレジストのためリキシャに乗って家まで。
レジストに向かおうとするとまたまた偶然クランティに遭遇。
何かと縁があります(笑)
今からレジストに行くんだというと、、今日ムーンデイだからレジストもしてないんじゃないかという意見。
練習はもちろんお休みだったけど、まさか事務関係までクローズになるなんて?
半信半疑でシャラまで向かっていたら、バイクで去ったはずのクランティが再び戻ってきた。
やっぱりレジストはやってなかったよ。
わざわざバイクを飛ばして見に行ってくれたのだ。
なんて優しい人なんだ!と感動。
仕方なく、明日に予定していたファブインディアへ買い物に行く。
そう、また買い物です(笑)
私は最後のお土産選びのつもりで、自分のものは買わないと決めていた。
…けど、見ると欲しくなるんだよね~(汗)
3人で試着を繰り返す。
その間サトリちゃんは楽しくお話したりダンスしたり。
ホントに手のかからないキュートガールです。

午後をフル回転で動き回った今日、暗くなってようやく家に戻る。
グリーンリーフでたんまり食べたおかげでお腹はさほど空いてなかった。
夕飯はいいや、と部屋でぽりぽりチョコレートをかじってたらドアをノックする音が。
部屋から出てみると、マミーが“降りておいで”と下から手招きしてる。
下に行くと、
お腹空いてない?
ご飯少しでも食べていいんだよ。
とマミー。
ご飯は食べたいときにいつでも食べていいんだよ。
少ししか食べないときは少しのお金でいいから、遠慮しないで食べにおいで。
…。
もうね、感激で泣きそうになった。
相方もアンジーもいなくなった今、私のことを気遣ってそう言ってくれたんだろう。
この家族はホントに温かい。
最初はみんなとうまくやっていけるかどうか心配だったんだけど、家族のキャラクターや生活パターンがわかってくるに連れ、どんどん親近感が湧いてきた。
ここにはたくさんの家族がともに生活している。
ジョティとパパさん、ジョティのママであるマミーとマミーの旦那さん、ジョティの息子さん、娘さん、そしていとこが2人ほど。
みな朝が遅く夜も遅い。
声が大きくて夜遅くまで大きな声で話してる。
たまに喧嘩してるのかな?と心配になるくらいの荒い声が聞こえてくるが、喧嘩ではないらしい。
とにかくみんなでよく話す家族だ。
朝ごはんではよくパパさんと一緒になった。
10時になっても働かないなんてレイジーだろ?なんて笑って言ってたけど、その分夜遅くまで働いてる。
ご飯はほとんどマミーが1人で作る。
ご飯を作るか寝てるか。
ほぼ一日中家にいる。
ジョティはご飯は作らない代わりに買い物に行ってるのかな?
よくわからないけど彼女もよく昼寝してる。
女性は家のことだけに専念すればよくて、料理と昼寝がメイン。
裕福な家の女性がふくよかな理由を目で理解。
家族は私たち同居人のプライバシーをきちんと守ってくれるし、多くを言わないけれど、優しい態度や表情から温かな気持ちが伝わってくる。
マミーからありがたい言葉をもらって、お腹はあまり空いていなかったけど少しだけご飯をいただくことに。
サンバールとイドゥリー

これにオクラのマサラ炒め、ライス、パパールも出てきた。
食べ過ぎないようにしてたけど、美味しくて嬉しくて、つい食べ過ぎた。

私はホントに恵まれてる。
1人を覚悟のインド生活において、最初は相方が手に余るほど深くて広い世界へと導いてくれ、そしてアンジーがそれを受け継ぐように更に新しい世界を見せてくれた。
彼女と入れ替わるように現れためぐみちゃんも頼りになる存在で、彼女の知恵と優しさに何かと助けられている今現在。
彼らの周りに付随するように、さまざまな国の友だちや顔見知りが増え、もちろん共に生活する家族の存在も大きく、ここまで大きな不安や困難にぶつかることなく、間もなく1ヶ月のインド生活を終えようとしている。
申し訳ないけど、最初はさほど期待していなかったインド行き。
今では来てよかったと、感謝の気持ちでいっぱいだ。
そしてその気持ちは次へと繋がっていきそうな予感。
あ、だめだめ、先のことはあまり考えないようにしよう。
とりあえず気持ちを少しづつ日本に向けていかないと。
待ってくれている人たちがいるのはなんともありがたいことだ。
やるべきことを少しづつ整理しながら本来の日常へ戻ろう。

外には大きな月。
インドで見る初めての満月は穏やかなたまご色で、柔らかくふんわりと夜の海を漂っていた。

つづく。

category: india2011

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/839-6c402d04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)