yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

11月4日  

午前3時。
いつになく興奮してるのか、自然と目が覚める。
雨音のせいではない。
3時半までベッドの上でもぞもぞしながら時間をやり過ごすが、目の閉じる気配がないため、予定より少し早いが起きることにする。
浴室に行きお湯の蛇口を捻るが、水しか出ないことはよくわかっている。
今日はプラクティス前にシャワーを浴びる。
身支度を整え、6時からのレッドクラスへと向かう。

1番前の右にマットを敷いたはずなのに、気づくと真ん中付近に移動させられていた(汗)
今日も隣との間隔が10cmほどのタイトな空間。
前方に人がいないのを幸いとしよう。
レッドクラスにはずいぶんと慣れたが、マイソールクラスの自由さに比べると若干力が入る。
マイソールに来て、ウッカターサナからヴィラバドゥラーサナの頭の位置を変えた。
今までは顎を引き首の後ろを伸ばした状態で目線だけ指先を見ていたが、今はできるだけ頭を後ろに下げ首の前面を伸ばし、頭の重さを感じながら顔が天井を向いた状態で指先を見つめるよう心がけてる。
ナンシー先生からそれがアシュタンガのやり方だと教わったし、シャラスもこの時に必ずLook up!と言う。
そのやり方は胸を開くことに繋がるのだが、必要以上に頭の重みを感じて呼吸が苦しく、身体の重心がぐらつく。
ヴィラバドゥラの�から�へ向かうときに、
No no Yumi,
Don't move your feet.
とシャラスの声。
げ、また見られてる(汗)
足の位置を変えないよう気をつけてたはずなのに、一瞬気が緩んだところで少しふらついてしまった。
目が合いニヤリと笑うシャラス。
レッドクラスでもしっかり見られてる(涙)
とりあえず、いつ何時でも気を抜くな、ということだ。
シャラスは、アーサナのアライメント自体に関してはあまり細かいことを言わない。
まず深く呼吸しろという。
それからドリスティ。
これはよく見てるなーと感心するほどみんなのドリスティをチェックしている。
そして自分勝手な動きに関しては特に厳しい。
ちゃんとカウントを聞いているか、待つことができるか、みんなに合わせることができるか。
私は気が緩むと、いつもの癖でひと足お先に飛び出しちゃうことがあるので、この点に関しては特に気をつけている。
シャラスがカウントを取ってる最中、言葉に詰まるところがあった。
そんなときも知らんふりするのではなく、
さっき珈琲飲み過ぎちゃってさ、
なんて軽く冗談を飛ばしながらみなの笑いを誘う。
ウップルティヒのときも9&halfと言ったきり鼻歌を歌ってみたり。
楽しく?頑張らせる感じ。
あ、今日もウップルティヒは落ちなかった。
こうなると腕まわりのサイズが嫌でも気になってくるが、いやいや、怖くて測れない(汗)
この日からレッドクラスが3回転になったためまたもや、
シャバーサナは家に帰ってやれ、
とシャラス。
やれやれ。
生徒数が日に日に増え、今やマイソールクラスは8時台のスタートにまで突入してるらしい。
秋は人が少ないよ、と聞いていたが聞き間違いか?(笑)
早朝からすでに満員御礼フル回転だよ。
インターミディエイトのレッドクラスがある次の日曜日からは時間が繰り上げになり、普段6時スタートの私は4時半のレッドクラスに行かなくてはならなくなった。
シャラタイムは15分前倒しだから、結局4時15分スタート。
3時起床か(汗)

家に戻り、シャバーサナをする暇すらなく洗濯にとりかかる。
8時、アンジーと朝ごはんを食べに立ち食い屋へ向かう。
今朝の朝食。

食欲のままがつがつ食べてたら、ジェイク父子がやってきた。
マイソールのキュートエンジェル、リオ♪

談笑しながら急ぎの朝食を楽しんだところで、再び家に戻る。
9時。
荷物を持って予約していたタクシーに乗り込む。
アンジー、ベッカ、フレア(オーストラリアの女の子)、私の計4人で、小旅行へ出発。

つづく。

category: india2011

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/832-6aac844b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。