yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




10月27日  

お祭りから一夜明けた今日は、昨夜の騒音が嘘のように静かで穏やかな朝を迎えた。
あまり寝てないにも関わらず目覚めは悪くない。
身支度をしてシャラへと向かう。
今日はラッキーなことに、呼ばれた場所が1番前の真ん中よりだった。
マイソールクラスでの場所は時の運。
今日はなんだかいい感じのスタートがきれそうだ。
思ったとおり身体が軽くよく動く。
昨日新月でお休みしたせいかな。
きついどころかどんどん気持ちよくなる、楽しい。
と、その気持ちよさを阻害されるある事件が。
右隣のラテン系男性、鼻息が荒いのが少し気になってたんだけど、プラサリータの時に開いた足を思い切り私よりのマット端まで持ってきて前屈しだしたのだ。
お尻はこちらに突き出してくるし、前屈でこちら向きになった顔がちょうどダウンドックをしている私の真横にある状態だし。
近い近い(汗)
おまけに例の鼻息で私の髪の毛が大きく揺れているではないか(涙)
もうあり得ないよ、この人。
とりあえずプラサリータが終わったところでホッとするも、要警戒体制は崩せない。
しばらく何事もないまま進んでいたが、ビンヤサのジャンプバックの時に足先に何か当たるのを感じる。
ん!?
後ろ振り返りを見てみると、隣のアダム(ネームカードで名前を確認)がまたしても私のマットに進出。
スプタコナーサナの足を思い切り開脚、彼の左足が私のマット後方中央部分に大きく張り出していた。
いやいや、普通隣前後のマットには気を遣うでしょ。
てか遣おうよ(怒)
なぜか私が彼の足を避けながらビンヤサするはめに。
しかも、彼が足を退けた後の私のマットには大量の汗。
勘弁してくれ~(涙)
マイタオルを使うのも躊躇するほどの汗だったが、すべるのは嫌だったので持参のタオルでしぶしぶふく(泣)
さらに続いてスプタパーダングシュターサナ。
しまった!また来る!
と思った矢先、彼の左足が大きく私のマット中央に食い込んできた。
もう、ビンヤサできんやん(涙)
汗もすごいっちゃろー(泣)
予想通り、彼の足が離れた瞬間またしても大量の汗が目に飛び込んできた。
半泣き状態でまたふく。
隣からはSorryの一言も聞こえてきやしない(怒)
ま、彼はフルプライマリーだろうし、それならきっともうすぐ終わるはず…と油断していた矢先、本日最大の危機が訪れた。
あの鼻息荒いアダムくん、なんとセカンドに進んでました(笑)
私がバッダコナーサナをしているときに膝に何か当たる感触を感じたので、まさか…と恐る恐る隣を見ると、アダムがこちらに弓反りになってひっくり返ろうとしているではないか。
はいはい、わかりました、パールシュヴァダヌラーサナですね。
少し避けますよ。
私が身体をずらした瞬間彼の身体は大きく私の領域に入ってくる。
何なんこの人!?
呆れてアーサナをやめ、後ろに座って彼の様子を見守ることに。
足先とか頭とかがこちらに入ってくるのはわかるよ。
でも彼の場合は大胆にも身体全体で、ここが俺のマットだぜ!的などや顔で入ってくるのだ。
Going my way とは彼の為にある言葉。
呆然と見つめる私に気づいてるのか気づいてないのか、その真意は定かではないが、彼からSorryの言葉は一切出てこなかった…。

アダムが去ってようやくいつもの自分を取り戻した頃には、フルプライマリーも終わりに差し掛かっていた。
バックベンドの伸びを感じながら気持ちよく練習していたら、視界にサラスワティが入ってきた。
そうか、今日もサラスワティなのね。
彼女に気に入られてるのかな…なんて思いながらバックベンドを3回繰り返していたら、いつの間にかサラスワティがいなくなっていた。
あれ?
肩すかし。
ま、いいや、と胸に手を当てて誰か来るのを待っていたら、
Yumi !
と後方から声が。
シャラスだった。
バックベンドは終わったのか?
と聞かれたので、うんと頷くと
パシャーサナ!
とニコリ。
え?パシャーサナしていいの?
パシャーサナ?
と聞き返すと大きく頷くシャラス。
わお。
こんなに早くポーズをもらえると思ってなかったので、ちょっとどぎまぎしながらパシャーサナをする。
そのままにやけ顔でバックベンドのアジャストを待ってたら、今日は前回とは違うアシスタントの男性が来てくれた。
足つかめる?と聞かれたのでうんと頷くと、ダイレクトに足首を持たされた。
そのままふくらはぎまでつかまされる。
不思議ときつくはなかった。
身体の調子がよかったせいなのか、はたまたシャラスの言葉がうれしかったせいなのか(笑)

ポーズが進んだことはもちろん嬉しいんだけど、それ以上にシャラスが私の名前を覚えてくれたこと、そしてこれまでの練習をちゃんと見ていてくれたことがわかって、本当に嬉しかった。

シャラスは偉大だ。
何しろ一瞬にして、私の中のアダム旋風を消し去ったのだから(笑)

つづく。

category: india2011

コメント

No Title

あはは!この人最高に面白い方ですね~。(先生の表現が上手なのかな!)
アダムは自分ワールドに入ってるから他の人の事とかマットのことなんて全く頭にないですね!そういう人にはおいおいって教えてあげないとですね。先生のマットだし(笑)言わないと絶対わかってもらえないから!もしまたアダムと隣になったら、私が一緒についてると思って頑張って伝えてくださいね。

URL | Kimi #-
2011/11/01 09:24 | edit

No Title

すごおもしろい☆☆☆
笑ってしまった~っ!!
いい時間過ごしてますね~◎

URL | Takairo #-
2011/11/01 20:13 | edit

Re: Kimiさんへ

そっか。やっぱりちゃんと言わなきゃダメなのか(笑)
まずは隣にならないことを祈って(笑)もしなったら頑張って言ってみるかな(汗)
言えるかな?
これもヨガの勉強かもね(笑)

URL | yumi #-
2011/11/01 23:50 | edit

Re: Takahiroさんへ

真面目に過ごそうと思っても、私の場合すぐにギャグになっちゃう(笑)
なんか珍事件に巻き込まれるんだよね。
そういうキャラだから仕方ないか(笑)

URL | yumi #-
2011/11/02 00:41 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/821-4d39149d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)