yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




10月26日  

週間予報によると、ここしばらくのマイソールの天気は90%雨模様。
最近の土砂降りが毎日続くのかと思うと気が滅入る。
お祭りの日もその天気が危ぶまれたが、いやいやどうして、今朝は驚くほどの快晴に恵まれた。
これもインドの神さまラクシュミーの恩恵によるものか?

今日はリキシャに乗って久々にマイソール市街まで。
先日も訪れたRASHINKARに再びやってきた。

相方はオーダーしていたシャツを受け取りに、私は頼まれていたラグやバッグを日本に送るためだ。
数あるラグの中から、今回はなるべく明るめの、練習中に元気が出るようなラグを中心に選んでみた。

マットバッグはコットン製があまりかわいくなかったので、色みの美しい個性的なシルクのバッグをセレクト。
これらはいずれUNIVAで販売されるわけだが、その売れゆき如何は私のセレクト力にかかってくると思うと若干のプレッシャーを感じてしまい、多少汗ばみながら商品を選ぶこととなった(汗)
みなさん、よかったら買ってください(願)
ラシンカーは街でも評判の生地屋さん兼仕立て屋さんらしく、この日も多くの人たちがシャツやサリーをオーダーしに来ていた。
どの生地にするか真剣に吟味するご婦人たち。

サリーの隙間からはみ出た背中のお肉すら、とても愛らしくみえてしまうインドマジック。

大役を終えたところでお昼ごはん。
サンディア's place

オールドシャラ近くにある、予約なくして入れない人気のレストラン。
ベジタリアン向けのインド家庭料理を食べることができるとあって、この日もたくさんのヨギーで賑わっていた。
料理を作ってくださるお2人。

10人ほどが座れるひとつのテーブルにいくつかのグループが同席し、ボウルに盛られた料理を取り分けていくというスタイル。
自然と全体での会話がはずむ。
野菜中心に優しい味つけで作られた料理はどれもとても美味しかった。
みなが食べ尽くした後の料理の残り。


家に戻り少し休憩していたらアンジーがやってきた。
彼女はまだお昼を食べてなかったので、私はお茶がてらに彼女と出かけることにした。
カリーナも一緒に3人で向かった先は
CAFFE PASCUCCI

インドに来て初めて訪れる今どきなカフェ。
雰囲気がちょっぴりイタトマに似てなくもない。
2人はお腹が空いていたからピザを注文、私はお昼をしっかり食べたからお茶だけ。
…のつもりが(汗)
うう、スイーツメニューが充実の嵐(涙)
こうなると、もうメニュー表に釘づけで目を逸らすことすら出来ない。
穴があくほど真剣に見つめていたらアンジーから、
Are you OK?
と心配され、はたと我に返る。
どんだけ食い意地張ってんだか(笑)
とりあえず心を落ちつかせ、ますはドリンクから選ぶ。
そのドリンクメニューがこれまたすごくて、エスプレッソだけで10種類、カプチーノだけで10種類…と、ありとあらゆるアレンジカフェが目白押しで、コーヒーメニューだけで軽く50種類はある。
久々にカプチーノ系コーヒーが飲めるとあって浮き足立ってた私だけど、どれもこれも飲みたいものばかりで困ってしまった。
ドリンクはひとまず置いといて、スイーツスイーツ…とショーケースを見に行く。
ボリュームたっぷりのケーキやタルト、マフィンが私を誘惑。
いや、自ら誘惑されに行ってるのだが(笑)
ここでも少し迷ったが、この日の気分はコーヒー&チョコレートだったのでチョコレートムースを選択。
スイーツを引き立てるためコーヒーはオーソドックスにカプチーノ。

チョコレートムースは思いのほかビッグで濃厚。
これを1人で食べ切る頃には胸焼けしそうだ。
半分を食べたところでギブ。
残りをアンジーとカリーナに進呈するも、2人とも一口づつ食べたところで笑顔で返却(涙)
楽しく談笑した後再び家路へ。

部屋で寛いでいると、再びアンジー登場。
歓喜の様で部屋に飛び込んできた。
ブジャピダーサナができたの!
大喜びの彼女は、得意げに私と相方の前でブジャピダーサナを披露。
ホントだ!
アップから足を後ろにバッカーサナポジションへ持っていき、そのままジャンプバック!
すごいアンジー!
あの特訓?の日からいく日も経ってないのに、早くも苦手克服してるし。
真面目で努力家な彼女の一面が伺える。
ハッピーな気分でそのままトランプゲームに突入。
ポーカー、ページワンと盛り上がっていたら、今度はカリーナがやってきた。
外がうるさすぎて部屋にいられない。
屋上に行こうよ。
確かにお祭り当日のその夜は、尋常じゃない騒音に部屋全体が揺れる感じだった。
屋上にでてみると、360度いろんな方向から花火が上がっている。
プロ級の特大花火や星型ハート型までその種類もさまざま。
各家庭から打ち上げられているのだろうが、その安全面は果たして大丈夫なのか(笑)
近所で打ち上げられた花火の火の粉が、風に乗ってこちらへやってきた時はさすがにひやっとした(汗)
下を見ると相変わらず子どもたちが爆竹鳴らしで大はしゃぎ。
いい加減飽きてもいいんじゃない?とこっちが呆れるくらい、爆竹にはまっている。
バンバンバンバン、何が楽しいんだか。
結局その日は10時になっても止まず、11時でもまだその音が続き、12時近くには微かにその音の気配を残しながら、ようやくフェイドアウトしていった祭りの夜。
ヨギーたちは寝不足のまま翌日の練習に行かなければならない。

つづく。

category: india2011

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/820-16545196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)