yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




『ヘヴンズストーリー』  

2010年度を代表する日本映画の1本として高く評価されている今作品は
ベルリン国際映画祭を始めとしてさまざまな世界の映画賞を獲得し
国際的な評価も得た昨今 ますます注目度が高まり
今年に入って全国各地でのアンコール上映が行われるほどの話題作。

4時間38分という圧巻の長尺にもかかわらずこの期待度の高さ。

福岡ではソラリアシネマにて1週間限定公開ということで
この機会を逃すまいと その日に備えて体調をきっちり整え 
いつにない動きっぷりで朝から家事などをてきぱきとこなし
いよいよ念願の鑑賞を果たした次第であります。

『ヘヴンズストーリー』
hevens story

家族を皆殺しにされた少女 妻子を殺された男
「復讐代行」を副業とする警官 理由もなく殺人を犯した青年…。

各々の殺人事件に巻き込まれて「社会に居場所がなくなった人たち」が
新たな別の事件をきっかけに複雑に絡み合っていく。

各々の事件はワイドショーや新聞の三面記事で連日垂れ流されている事件だが
当事者の被害者からすれば己の運命を狂わす一大事。

全9章から成る「罪と罰」の物語の各章は
平穏な日常の中に突如闖入してきた殺人事件という「怪物」に直面した
登場人物のその後の人生を描く。


ひとつの復讐は別の復讐を生む。

人々の憎しみが大きなうねりのように肥大化し転がっていく構成がダイナミックで
ただただ傍観し続けるしかない。

復讐の先にある空しさと
復讐の先にある再生。

相反するものが反発し合いながらも同居し
混乱の中に見え隠れする一筋の光。

それが「希望」と呼べるものなら喜んでそう思いたい。

あまりにも難題かつ壮大なテーマを突き付けられ
胸をかきむしられるような思いにどうしようもなくなる瞬間を
どれだけ味わうことか。

だけど 心を支配するのは暗い影ばかりではなかったことをよしとしよう。

決して万人ウケする作品ではない。

けれども 観て損はない 観る価値のある映画だと思う。


24日まで。
ソラリアシネマにて期間限定上映中。

category: movie

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/776-80d9aa55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)