yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




『奇跡』  

映画は以前よりはペースを落としたものの
要所要所は押さえてちゃんと観てましたよ。

ただレビューを書く気力が湧かなかったので
10本くらいはさぼってしまいました。

ごめんね。

今回久しぶりに書こう!と思ったのはこの映画だったからこそ。

これは今年前半に観た映画の中で1番です!(私の中で)

1番は「ブラックスワン」じゃないの!?なんて声が聞こえてきそうだけど
なんかね もう技術とか演技とかそういうレベルじゃないの。

空気感というか 雰囲気というか。

小さなキラキラとした宝石がいっぱい詰まったような
そんな愛おしさを感じさせてくれる作品。

「奇跡」


2011年3月に全線開通を迎えた九州新幹線を題材に
心が離れてしまった家族の絆を取り戻そうと奮闘する兄弟を中心に描いたお話。

特に何か大きなドラマがあるわけではない。

「奇跡」というタイトルの由来はすぐにわかるけれど
映画の中の奇跡はちょっとわかりにくい。

ただ なんでもない日常の中にちょっとした奇跡はそこここにあって
そんなものの中で生きているということを気づかせてくれる。

これは 子どもの映画だ。

「子どものための映画」ではなくて
子どもの持つ大きな煌めきや夢や力や…
そういったものを随所に感じさせてくれる作品。

それぞれに色々な事情を抱えた子ども達が 
大人達の協力を得ながら小さな冒険の旅に出る様子は
少年冒険映画の筆頭「スタンド・バイ・ミー」を彷彿とさせる。

さすが是枝監督。
子どもの使い方が抜群に上手い。

中でも主人公の兄弟を演じる
小学生お笑いコンビ“まえだまえだ”の素晴らしいこと。

これは本当に演技なの?と疑ってしまうほど自然な演技に脱帽。

大人びているようで本当はナイーブな兄と
寂しさを笑いに変える力を身に付けた実はしっかり者の弟。

自然体で演じる2人を大人の俳優たちがしっかりと支え
そのバランスが絶妙だ。

全編通して笑いあり涙あり…
胸をドキドキさせながらの幸せ時間を満喫できること間違いなしです。

category: movie

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/773-a9f1540e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)