FC2ブログ

yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




「ウォール・ストリート」  

オリバー・ストーン監督は苦手だし
マイケル・ダグラスには興味ないし
主演の男優さん(シャイア・ラブーフ)にはちっとも魅力を感じないし…

だから「ウォール・ストリート」は本当は私にとって観なくてもいい映画。

だけど…

大好きなキャリー・マリガンが出てるー!!!
ただひたすら彼女を観たいがために映画館に足を運んだようなもの。

「ウォール・ストリート」


過酷なマネーゲームを描き マイケル・ダグラスにオスカーをもたらした
「ウォール街」の22年ぶりの続編。

ダグラスが演じたゴードン・ゲッコーと
自らの復讐を果たすために彼に近づく若い金融トレーダーを中心に
新たなマネーゲームを描く。

オリバー・ストーン監督が再登板。


株や金融に疎いので???な部分が多く 
疲れがたまってたせいか途中ストーリーから置いてけぼりを食らい
30分ほどワープしてしまったのは事実です(汗)

専門用語が多すぎてなかなか中心に入り込みづらかったけど
証券マンならではのお金に対する執着や
成功を得た高揚感・スピード感・危機感などは充分感じることができた。

でも最初から最後までマイケル・ダグラスの独り舞台のようだったな。

存在感ありすぎ。
これじゃ若手俳優太刀打ちできないよ。

「お金は人を変える」という邪悪な面と「時は金なり」という純粋な面が
両面からバランスよく描かれていてよかったが
社会派オリバー・ストーンにしては若干パンチの弱い作品に仕上がってて
そこがちょっぴり残念だったかも。

風刺を効かせるなら 家族愛なんか絡ませないで
徹底的に現代社会をバッシングしてほしかった。

前作の主人公だったチャーリー・シーンもちらりと出演するが
その登場の仕方があまりにも???だったので
別に登場しなくてもいいのでは…なんてここでも突っ込んでしまったり。

まー2時間尺の半分はキャリー・マリガンの可愛さに釘付けだったので
それはそれでこの鑑賞はOK…
無理やり自分を納得させてみたりして。



category: movie

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/728-51a3e63c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)