yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




更に深く 森の奥へ  

発売当日の午前0時 店頭に長蛇の列ができた伝説の小説が
まだかまだかと待ち構えていた私の手元に届いたのは
発売日から数えて約3ヶ月が経ったある日のこと。

それから 
急がず 焦らず 丁寧に 一つ一つ納得いくまで読みこなし
遅ればせながら本日午前中 ようやく読了。




花火大会で凄まじい賑わいを見せた大濠公園だけど
この猛暑の中行き交う人もまばら
閑散とした風景に時折目を休ませながらの読書時間はとても快適だ。


「1Q84 BOOK3」
相変わらずの村上ワールドは顕在。

その美しい文体に心奪われていると
まるで哲学書のような深淵なストーリーから置いてけぼりを食らいそうになる。

比喩しているものは何なのか…

頭をひたすら回転させてみる。
それに疲れたら ゆったりとその波に身を任せるだけ。

BOOK1 BOOK2 の謎が解き明かされたと思いきや
新たに別の謎が深まるBOOK3。

私たちを更に深く森の奥へと引きずり込んでいく。
簡単に後戻りはできない。

村上春樹は文学を超えようとしているのか?

その世界観・倫理観に圧倒されるばかりで
ただただため息。

category: book

コメント

万事はメタファーですからねv-91
わたしは「カフカv-227」か「世界のおわりと…v-17」が好きですね。しかし「羊をめぐる…v-225」も捨てがたいか…。ところでハルキムラカミを読んだ後はブログの文章が妙な言い回しになるので危険だなぁ…。と思うのはわたしだけ?

URL | kitasato #-
2010/08/06 16:39 | edit

kitasatoさんへ

万事はメタファー…さすが深いです兄さんっ(勝手に兄さん呼ばわり)
てか よく見破りましたねe-440
完璧春樹に感化されてる私。
いつもなんだけど その作品作品で作家の文体や世界観に埋没してしまい
しばらくはそこから抜けれません。
よって私の書く文章や考えもそこに染まった状態。
特に筆圧の高い作家の影響は大ですe-350

URL | yumi #-
2010/08/06 20:50 | edit

私、出勤のときいつも大濠公園を歩いてスタバの前を通っているのです。
娘が大濠保育園なので、預けてから大濠公園駅まで歩きます。
(8時半前後)
朝と言うのに炎天で、毎朝汗びしょになりながら
いつも、「ここで大好きなラテを飲みながら読書したいものだ」
と憧れのまなざしで職場へ急いでいます...

yumi先生は常連さんのようですね!
何時頃いらっしゃるのですか?
私ものんびりスタバしたいです♪

URL | mariko #-
2010/08/07 18:54 | edit

marikoさんへ

marikoさん初コメありがとうございますe-266

今一番癒される場所が大濠公園のスタバです。
そんなに頻繁に通ってるわけではないけど
読書したくなったら必ずそこへ。

いつか一緒にお茶しましょうね♪

URL | yumi #-
2010/08/07 21:10 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/587-ba9b578c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)