FC2ブログ

yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




くじ引き  

「くじに当たる」 といえば  
千載一遇のチャンス・幸運の女神・明るい未来・希望の光・…などなど
大抵の場合 前向きなプラスのイメージで捉えられることが多い。

日常生活で見てみると
小さなとこではアイスの当たりくじ。

“ホームランバー”の場合 
当たりくじを引いてもう一本 それを食べてまた当たりもう一本…と
恐ろしいほどの当選確率を見せ 
果たしてこの会社は採算が取れてるのだろうか…
と幼心に心配になったほど大盤振る舞いをみせるこのアイスは
私たちの日常に小さな幸せを与え続けてきた。

それに引き換え
当たりくじアイスの王道“ガリガリくん”に関しては
未だかつて一度も当たりに出会ったことがない我が家族。

毎夏かなりの消費量にもかかわらず当たりがでないのは
初めから当たりくじがないせいだ~ と家族みんなして憤慨 
赤城製菓を訴えそうな勢いである。

くじの王道・大御所となると やはり宝くじ。

最近じゃミニロトのような簡単なものから
スタンダードな年末ジャンボのようなものまで幅広いラインナップ。

人々の夢と期待を乗せて
いつの世も輝ける存在として君臨している。

そんなうれしい楽しいポジションを確立しているはずの「くじ」だが
そうは問屋がおろさないマイナスベクトルびゅんびゅんの「くじ」も存在する。

今日はそのマイナスイオン(別意味です…)たっぷり「くじ」の醍醐味を味わってきた。

先日の小学校懇談会で
見事成人教育委員の座を射止めた私。

そんな各クラスの代表が集まって
成人教育委員の委員長と副委員長を決めるという
ジェットコースターよりもハラハラドキドキスリル満点の今日。

集まった新委員の人たちはみな緊張で顔がこわばり言葉少なだ。

委員は引き受けたものの
長や副となると その仕事量や出事の数が一気に倍増するため
できれば避けて通りたいと願うのはみな同じ。

中には赤ちゃん連れや出産間近の人もいてなぜ???と思ったが
きっと容赦なくクラスから選出されたに違いない。

人の心を鬼に変えてしまう…ああ恐ろしやPTA委員活動

前年の委員長さんから委員の仕事を簡単に説明された後
いよいよ長を決めることに。

立候補者がいますように…との願いむなしく
誰の手も上がらずうつむいたままの面々。

いや~な雰囲気の中数分が過ぎ
ついには「くじ引き」にて選出する最悪のパターンにもつれ込む。

いつもなら“当たりますように”と心から願う「幸運のくじ」が
ここでは“当たりませんように”とひたすら願う「悲運のくじ」へと変貌する。

赤い印のついた割り箸を引いた人が当たり。

それまで大丈夫…と自分に言い聞かせ平常心を装っていた私だが
心臓が飛び出そうなくらいバクバクと高鳴り 緊張がピークに。

えいっ!と引いたくじは…はずれ。
よかった~

はずれて喜ぶとは変なくじ引きだね。

悲しいかな このくじを引き当てたのはフルタイムで働いてるMさん。

心が鬼化してる私は申し訳ない気持ちでいっぱいだったけど
「代わるよ」の一言がでなかった。

ホントにごめんなさい

こんな恐ろしいくじ引き…できれば今回で最後にしてもらいたいものです。

category: life

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/472-35a23d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)