yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




「渇き」  

数々の映画祭で絶賛されながらも 
その特異なストーリーで万人ウケは難しいと判断されたか…
短い上映期間の中 最終日ギリギリ滑りこみで観にいく。

「渇き」


観終えた後の感想は…

「凄まじい」の一言に尽きる。

よくこんな映画を作ったな~とただただ驚き
韓国人監督の力量に圧倒されるばかり。


神父がある出来事をきっかけにヴァンパイアになり
さらに友人の妻と不倫関係に陥る…。

抑圧された神父と自らを解き放つヴァンパイアとの2面性を持つ主人公を 
演技派ソン・ガンホが熱演。

それまで死んだも同然の無機質な生活を送りながら
神父との出会いで真の生命を取り戻し
華麗に妖艶に変貌を遂げていく人妻を キム・オクビンが怪演。

狂気めいた暴力シーンに胸をえぐられる一方
官能的な愛のストーリーに胸をときめかせる。

深刻な展開の中に不可思議な笑いの場面もあれば
ゾクゾクするようなホラー全開シーンに心臓が飛び出そうにもなる。

人間の業とは?性とは?

さまざまな要素をめいっぱい盛り込みながらも
バラバラになることなくしっかりまとめ上げる巧さに感嘆のため息。

息つく暇もないくらい二転三転繰り返しながら
一筋縄ではいかない愛の結末を 最後は尊厳を持って描ききる。

そんな愛の形もあるのか…と哲学的な問いにも繋がるラストシーンは
とても切ない。

category: movie

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/466-dcdfdf36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)