yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




『アンチクロックワイズ・ワンダーランド』  

昨年の「印獣」観劇にて久々に舞台の醍醐味を味わう。

これで舞台熱に火がつき
今年は良質な舞台を精力的に観にいこうと決意。

今回もおなじみてんちゃんと一緒に観劇することに…。

阿佐ヶ谷スパイダースPRESENTS
「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」



舌噛みそうな題名…。

阿佐ヶ谷スパイダースの劇を観るのは今回が初めて。

う~ん…
長いブランクを経て舞台を観る私にとってはかなり難解な作品だった。

そこには時系列も確固たる空間も存在せず
今起こってることが過去の場面と入れ替わったり
同じ空間にいながら違う空間の出来事が同時進行したり…。

気を抜いて観てると置いていかれそうになる。

普段使わない頭を使って無理やりついていこうとするものの
そうすればするほど頭がグルグルこんがらがってきて
異空間へ旅する私…。

そう ヨガ哲学を読み解くときのように
思考がストップしてしまいそうになる。

途中で「これは理解しようとして観ちゃいけないんだ…」と気づき
それからは目の前で繰り広げられるシュールでグロテスクな場面を
ボーっと見つめてみることに…。

その世界を理解するのではなく味わうことで楽しんでみる。

右脳をフル回転させなければ決して紐解くことの出来ない
この謎めいた独特の世界に身を浸していると
自分も異次元異空間に存在しているような気にさえなった。

どこまでが現実でどこまでが夢なのか
何が真実で何が妄想なのか…。

結局 最後の最後までよくわからないままだったけど
一つだけ言えることは この世に確かなものは何も存在しないということ。

私たちの生きているこの世界だって実は虚構かもしれない…。

そんな想いを抱かせる”反時計回りの不思議な世界”を構築した
長塚圭史の才能に圧倒される舞台だった。

天才とはこういう人のことを言うんだな…。



観劇後のアフタートークで垣間見た3人のキャラは
バラバラでありながらも まとまりのある共同体として輝きを放っていた。

阿佐ヶ谷スパイダース…
その進化し続ける魅力をもっと味わってみたい。

次の来福が楽しみ。

category: stage

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/369-8f02225c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)