FC2ブログ

yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




「アバター」  

予告を観て その映像の美しさに心奪われた。

アカデミー賞に最多部門ノミネートされて さらに期待が高まった。

どうせ観るなら3Dがいいな…と
行列覚悟で朝一の回を目指し 開始45分前に映画館に到着。

…が すでに20人もの人が列を成していた。
その後も続々とやってくる人の波。

そんな世界的大ヒット映画を満席の館内で観るのは久しぶりのことだ。


アバター


「ターミネーター」「タイタニック」…と
常に私たちを驚異的な映像で魅了してきたジェームズ・キャメロン監督。

本作品は 彼が自らも長年にわたって開発に関わってきた3D技術と
最新映像テクノロジーを存分に駆使したSF超大作だ。
 
3Dで実写とCGを見事に融合させ 
スクリーンに奥行きと深みを持たせた想像を絶する映像が 
次々と私たちを圧倒する。

そんな微細な部分にまでこだわった映像とは対照的に
ストーリーはいたってシンプルだ。

自然破壊や格差社会をテーマに
真の幸福とは何か…を訴えかけてくる。

それは決して押しつけではなく問題提起であって
映画が終わった後の不快感はなく さまざまな思いを胸に抱えることになる。



ジェームズ・キャメロンが作り出した新しい命”ブルーピープル”。
これを予告で観たときは 妙にグロテスクなものとしか思えず馴染めないキャラだった。

なのに 映画を観続けていくうち
その姿が美しく魅力的なものへと変化して見えてきたのには
自分でも不思議だった。

まんまとジェームズ・キャメロンの術中にはまったか…?

ところどころ 「ナウシカ」や「ラピュタ」「もののけ姫」といった
宮崎駿のアニメと似たような部分があるな~と思っていたら
子どもたちも同じようなことを言っていた。

モチーフとして使われたのかもしれないね。

だけど そういったことを含めても
深い感動をもたらす最高に面白い映画だってことは事実。

久々に何度も観たくなる映画に出会ったうれしさと共に
しばらくは感動の余韻から抜け出せずにいた。



実は 家族揃って映画を観るのは今回が初めて。

母+子ども 父+子ども 子どもだけ 夫婦だけ…という構図はあったけど
意外や意外 家族4人全員で…というパターンは今までなかった。

160分もの長編で字幕・専門用語の連続 さらには3Dメガネ使用…。

これらのハンディに子どもたちがどのくらい耐えきれるか
子どもには難しいストーリーをどれほど理解し楽しめるか…など
子どもと一緒にこの映画を観ることに対して 最初は少し不安もあった。

だけど 家族みんなが「観たい!」と切望したこの映画は
その期待を裏切ることがなかったし
それ以上の喜びと感動を私たちに与えてくれた。


3Dメガネに浮かれる父+子ども
100213_101323.jpg


こういう姿が恐ろしく似合うろっち先生
100213_101244.jpg


こういう映画こそ映画館で…
しかもせっかくなら3Dで観ることをおすすめします

category: movie

コメント

子どもの成長とともに観たい映画が
同じものになったのは嬉しいよね♪

幸いなことにうちのみつろーは
ポケモンやらセーラームーンやらは
さっぱり興味なしの子だったので
その手の映画を観に行ったことはなかったけどi-277

先日TVでフラガールやってて
3人で観に行ったこと思い出しながら
また3人で観てました(笑)

松雪泰子の銭湯でキレるシーン
「やっぱりお母さんそっくり!」ってi-230

URL | 南京豆子 #-
2010/02/14 00:17 | edit

豆子へ

フラガール 我が家もテレビで何度か観たよ。
あれは親子で楽しめるいい作品だね。
豆子はあんなふうに激しく怒ると!?
想像つか~んe-350

ようやくポケモン・ディズニー関係を卒業しつつある子たち。
宮崎駿アニメは親も観たいので これからも子と共に行く予定e-267

URL | yumi #-
2010/02/14 10:36 | edit

似ている・・・

ろっちとパパさんみょーにメガネかけると似ている。
親子だからね。

URL | ゆきち #-
2010/02/14 20:02 | edit

カールじいさんも 3Dあったんだけど ともちんが「3D見ると頭が痛くなるから」と拒否…
頭痛くならんやった~e-3

URL | amusez #tNZtSnNM
2010/02/14 22:16 | edit

ゆきちさんへ

似てるやろe-440
旦那を知ってる人はかりんもろっちも旦那似だと言いますe-267

URL | yumi #-
2010/02/15 08:11 | edit

amusezさんへ

3Dは昔みたいに飛び出してきて驚かす…というのではなく
その世界の奥行きや深淵を表現していて 幻想的でさえあったよ。
だから頭が痛くなるどころか じっくりと映像を見入ってしまいました。
そのせいか映画館を出た後は目が疲れた~e-330

URL | yumi #-
2010/02/15 08:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/362-f7dda944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)