yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




妄想する女  

市橋容疑者が逮捕された。

日本中がその犯罪動機について好奇の目を向けている昨今
私も例に漏れず そのニュースやワイドショーに釘付けだ。

彼が逮捕される数日前 整形後の写真が公開された。

絶対逮捕してやるという執念の現れなのか 
整形写真を公表してまで 一か八かの公開捜査に踏み切った警察。

その動向を見ていて ふとある話が頭に浮かんだ。

伊坂幸太郎の「ゴールデンスランバー」だ。

 主人公の男が 
 ある日突然首相暗殺の殺人犯として全国指名手配される。
 
 もちろん彼には全く身に覚えのないことで 完全な濡れ衣である。

 彼が暗殺犯に仕立て上げられることは 実は数年前から決まっていて
 その伏線が彼の知らぬところで巧妙に張られていた。

 目に見えぬ敵から逃げる主人公。

 その彼の無実を信じ 助けようとする友人たちまでもが
 太刀打ちできないほどの巨大な権力から追われ傷つけられる。

 日本中で凶悪犯のレッテルを貼られる主人公。

 必死の逃走でなんとか整形手術をするにこぎつけ 
 その整った顔を見事なまでに変形させて 
 最終的に彼は世間の目から姿を消す…


というお話。

市橋容疑者の整形写真がメディアによって公開された頃から
なんだか私の中で この話がじわじわと膨らんでいったんだ…。

実際 主人公と市橋容疑者が重なって見えて仕方がなかった。

もしかして 彼もまた目に見えない巨大権力によって
犯人に仕立て上げられているのではないだろうか?

はたまた リンゼイさんは実は国家にとって脅威となる存在で
それで殺人と見せかけて暗殺されたのかも…。

な~んて みるみるうちにありえない妄想へと暴走していく私

市橋容疑者の逮捕で彼の両親がマスコミの取材に応じたとき
息子の非を全面的に認め謝罪しながらも
親として息子を守ってやりたい…みたいなことを堂々と語っていた。

「ゴールデンスランバー」の主人公の親も  
メディアの攻撃を受けながらも 断固として息子の無実を信じ 
マスコミをはじめとする社会のバッシングに屈しなかった。

そんな親の姿も妙にダブる。

逮捕後もずっと黙秘でしょ。

怪しい。 何か口にできないことを抱えているのか…。

話せないほどの裏事情が背後にあるのかも…なんて 
ますます妄想が膨らんでいく。

完全に「ゴールデンスランバー」の世界に入り込んでるよ…ガーン


…よくよく考えてみると この妄想癖は今に始まったことじゃない。

新婚当初 旦那が飲み会で遅くなるから先に寝てて…と言われ
先に寝るものの夜中目が覚め まだ帰ってこない旦那を思い不安になる。

どうした?帰る途中事故にあったとか…。

そこへ救急車のサイレン…アップロードファイル

やっぱり事故にあったっちゃんっと勝手に決めつけ 
心臓バクバクで朝まで眠れないこともしばしば。

朝方帰ってきた旦那が 
泣きそうな顔で布団に正座してる私をみてビックリしたのは 言うまでもない。

…まだあるよ。

低空飛行の飛行機を見ると 
飛行機が高層ビルに突っ込んでいった9・11テロ事件を思い出す。

この飛行機もあのときみたいに高層ビルに突っ込むんじゃないか…
と 高層とは言いがたいビルが立ち並ぶ福岡の上空を見上げては 不安になる私。

すごいでしょ汗

普通の人が考えも及ばないことを空想してしまうこのきのこ頭きのこ

映画や本が好きなのも 勝手に登場人物に成りすまし
自由に妄想の世界に入り込めるからなのかもしれない…と最近気づいた。

認めたくないけど ろっちの妄想癖はきっとこの私から遺伝したねガーン

ただ一つ違うのは 私は意外と悲観的 ろっちは完全に楽観的妄想者だということ。

同じ妄想するなら楽観的なほうがいいな~。

その辺はろっちを見習うべきか…?
いやいや それも危ない方向に行きそうで怖いぞガーン

とにかく 私の妄想のこと 子どもたちには黙っておくよ…。

category: life

コメント

あはっ(笑)
私も完璧悲観的妄想家ですね~
ろっち、羨ましい・・・

今度 本貸してくださ~い!

URL | aki #-
2009/11/16 18:14 | edit

yumi先生 
今日もレッスンありがとうございました。
いつも短く感じる充実した65分を下さって感謝しています。

ゴールデンストラバー、私も読みました。
確かに、本当にそうですねぇ。

先週、息子が塾で同級生に怪我をさせられました。
沢山お友達がいるので楽しみながら通塾している息子ですが、加害者側の男の子はいつも一人でポツンと隅っこにいるお子さん(先生のお話では、息子は名前さえ知らない子)。
テストが終わって男の子達が固まってふざけあい談笑していたら、突然椅子に座っていた息子のお腹めがけて蹴りを入れ、お腹を庇って前のめりになった顔に蹴りを入れ口の中が切れて血が出た所で止まりました。
教室内だったので周りに沢山目撃者がいたお陰で、その後はスムーズでしたが、突然暴力をふるった理由は「自分の悪口を言われた気がしたから」でした。
そして加害少年の保護者の言い分は「まだおない年の他の子より幼くて、長時間のテストが苦痛だったんだと思います。暴力なんてふった事はない子なんです。」とのことでした。
でも大柄なお子さんなんです。五年生だけど150センチ近くあります。
結局「ごめんなさい」で終わりでしたが多くの事を考えさせられました。
石橋容疑者も居場所がなかったのかもしれませんね。

息子を含めて彼らは週の大半を塾で過ごしてストレスは最高潮にたまっているけれど、多くの子供がその状況の中でもささやかな楽しみを見つけています。それが上手く見つからないと突然の暴力に繋がることがあるのでしょうね。
日常の至る所に暴力や悪意は潜んでいますね。


長くなって失礼しました。
息子の怪我で、私の中にも意地悪な黒い固まりが出来そうになっていたのですが、ヨガのレッスンを受けて先生の声だけを聞いていたら終わったあとには
大昔の事になっていました。

ありがとうございます。

URL | Cardinal #-
2009/11/16 19:52 | edit

akiちゃんへ

ふふふ。
妄想ワールド炸裂でしょ。
今度本貸すね~♪

URL | yumi #-
2009/11/17 08:59 | edit

Cardinalさんへ

Cardinalさん 初コメありがとうございますe-267

息子さん大変でしたね。
気持ちが不安定な子どもの世界は さまざまな感情で揺れ動き
ともすれば こういった悪い方向に向かいがちです。
妄想を妄想として受け入れるにはまだまだ時間がかかるのかもしれませんね。
うまく妄想と付き合えるようになると 日常が楽しく過ごせるのだろうけど
逆に暴走しすぎた場合 大人になって大きな犯罪につながるから怖いです。

妄想と気持ちのコントロール…
難しいけど 成長過程の子どもたちにはこのことをしっかり学んでもらって
節度ある大人に成長してもらいたいものです。
だけど ちょっぴり妄想の部分は残しておいてもらいたいですね。
妄想のない人間は面白みのない人生を送りがちだから。

いつもレッスンに参加してくださってありがとうございます。
私も日々勉強です。
今後ともお付き合いくださいねe-440

URL | yumi #-
2009/11/17 09:09 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/230-42de5f15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)