yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




「THIS IS IT」  

いわゆるストーリーものではなく ドキュメンタリーフィルムだと聞いていたので
観に行こうか行くまいか かなり迷った。

別にわざわざ映画館で観なくてもいいんじゃないか…ってね。

だけど 観た人の評判はとてもよく 感動して泣いたという声まで上がっていたので
ドキュメンタリーでどれほど感動するものなのか そこに興味があった。

マイケルジャクソンに関しては 私は特別なファンでもないし
亡くなったときも悲しいというよりは驚きのほうが大きかった。

彼の楽曲はどれも馴染みのある曲ばかりで
曲を耳にするだけで そのミュージッククリップが頭に浮かぶし
(MTV全盛期だったからね)
当時の自分の思い出がフラッシュバックしたりする。(よくあることでしょ)

だけど その曲が好みか?と聞かれれば答えはノーだ。

マイケルのCDは1枚も持ってない。
好んで聞こうとも思わなかった。

残念なことに近年は 奇行やスキャンダル・裁判など悪い噂ばかりが目立ってしまい
ワイドショーの格好の餌食となっていたマイケル。

その影響を受け 少なからず私も 周囲と一緒になって彼をバッシングしていた。

そんな彼を追い続けた2時間ほどの映像を 
果たして飽きずに最後まで見届けることができるのか…
そこがちょっぴり心配だった。

THIS IS IT
マイケル

この映画は 幻となってしまったロンドン公演のリハーサル映像
(メイキングフィルム)である。

ダンサーや演出家・ミュージシャン・その他大勢のスタッフたち…など 
マイケルを取り巻く人々はみな 限りなくプロフェッショナルで
マイケルを尊敬(崇拝)し 彼の作品をこよなく愛し 
彼のステージに参加できることを 最上級の誇りと感じている。

そんな人たちに的確な指示を与えるマイケルはどこまでも完璧主義者。

ファンが何を一番望んでいるかを熟知した 彼にしかわからない微細な部分を 
こだわりを持って そして愛を持って追求していく。

そこには生身の人間としての彼が存在していて
その姿は柔らかく温かい。

一見ロボットのようにしか見えない仮面のような表情の奥に
こんなにも愛嬌たっぷりで こんなにも愛に満ち溢れ 
さらには こんなにも情熱を注ぎ込む熱い心が隠されていたとは…。

私の彼に対するこれまでの思い違いが 大きく覆された瞬間だった。

きっと彼のファンはこの真実を知っていたんだね。

だからメディアの批判にこれっぽちも耳を貸さず 
常にマイケルを至上として 彼をリスペクトし続けることができたんだ。

…全編に渡って流れる彼の音楽とダンスシーンは圧巻そのもの。

鼻歌交じりに歌いだした彼の歌声は 1音もはずさない完璧なもので 
いつしかそれが熱を帯びていき 周囲を圧倒し 最後は拍手喝采…

50歳とは思えない切れのあるダンスシーンは必見で
周りの若々しく均整の取れたダンサーたちの存在すら霞むほど。

リハーサル風景だけで鳥肌が立つよ。

やっぱり彼は天才だったんだ…と思い知らされるこの作品。

あまりにも凄すぎる彼の映像に圧倒され 涙がこみ上げてくることもしばしば。

偽りではなく心から
マイケルはファンを愛し 自然を愛し 地球を愛していた。

本気で地球を救おうと考えていた。

私たちは なんて惜しい人を失ってしまったんだろう…。


…エンドロールの最後で 館内から自然に拍手が湧き起こる。

きっとみんな同じ気持ちで 
マイケルを見つめ 彼に魅了された111分間だったに違いない。

category: movie

コメント

THIS IS IT 最高でした~

共感しました~、まさに私も先生と同じ一人でした。
昨夜、夫と観に行きましたが一夜でMJファンになりましたね~v-238
観に行って良かったな~って心から思いました。
素晴らしいものでしたv-22

URL | No.3000 #-
2009/11/14 12:30 | edit

No.3000さんへ

だんな様と一緒に観にいったんですね。
いつも仲がよくて羨ましいe-349

ホント 観てよかったよね~e-267
今まで大きな勘違いをしていたことに気づけたこと。
彼が正真正銘のスーパースターだったと今後心に留めておけること。
…マイケルのファンじゃない人たちにぜひ観てもらいたい映画です。

亡くなった後 このことに気づいたことが 唯一残念でなりませんe-259

URL | yumi #-
2009/11/14 17:39 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/223-2e335918
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)