FC2ブログ

yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




ヨガするからだ①  

chama先生のWSを受けた。

テーマは「ヨガするからだ」。

今回はヨガインストラクター向けのWSということで
ヨガを教える際の心構えについての話から始まった。

指導していくうえで大切なことは「明瞭さ」だという。

先生だからといってすべてを知ってるわけでもなく
わからないことについてはちゃんとわからない…と相手に伝えるべき。

その辺を曖昧な答えでごまかしてしまうことは 相手に対して誠実ではないし
それこそ明瞭さに欠ける。

わからないことに対して恐れる必要はない。

そうすることで 客観性(客観的に自己や他者を見る)や
中立性(寛容さ・受け入れる体制)も養われていくし
さらには自分自身の力強さ つまり強靭な主体性へと繋がっていく。

そして そこから自信が生まれる。

教えることに関してはまだまだ未熟者の私。

生徒さんからの質問に対してはごまかしなく誠実に向かい合っていこう
と いつも心がけている。

わからないことに関しては その質問を一度お持ち帰りして
自分で勉強したりヨガ仲間に聞いてみたりしながら
なるべく答えを探す努力をして それを相手に伝えるようにしている。

教えながら同時に私も学んでいるのだ。
目線は常に生徒さんと同じ位置にあるよ。

ふむふむ…と聞きながら
そういう段階を踏んで自信を培っていくということも さらなる目標となった。


続いて 身体の構造や身体運動の基礎について。

第1回目は脊柱・下肢・股関節をメインに進められた。

いろんな人の体を触る上で欠かせない項目だ。

人間の身体の構造を理解していないと
不適格なアジャストをしかねない。

なので 私はこういったchama先生お得意の解剖学的な講義が大好きだ。

力をかけるポイントや 伸ばしていく方向性を間違わなければ
苦痛を伴うことなく気持ちよくそのアーサナに入ることができる。

間違ってしまえば そこには大きな痛みが伴うし
最悪身体を壊してしまうことになりかねない。

ヨガを教えるにあたって アジャストは必ずしも必要なものではないかもしれない。

だけど もし間違ったスタンスでアーサナに臨んでいる人がいたとしたら
そこに何らかの修正を加えてあげないと その人は体を痛めてしまう。

自分自身の練習に関しても同じことが言える。

だから身体への理解を勉強しておいて損はないのだ。

いろんな動きをペアワークで実践しながら
すべてを理解した!なんて到底言えないけれども
こういう風に動いていくんだな・こうしたら気持ちよく伸びるんだな
と なんとなくわかった気がする。

この”きのこ頭”…紛れもなく私ですドコモダケ


今回も時間があっという間に過ぎ
30分オーバーしたというのに まだまだ足りないくらいだった。

第2回目は上肢(肩関節・肩甲骨)について。

11月のWSが今から楽しみだ。

category: yoga

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/199-28c698bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)