yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




『愚行録』  

試験は脇汗かきつつもなんとか無事に終わったけど、まだまだ追われる日々は続く。

確定申告、確定申告、確定申告…
マントラヨガじゃないよ。
吐きそう、マジで。

マヤ暦が、
時間に追われるな。「時間」という意識を外せ。
時間感覚のない空間は大自然だけでなく映画館もそうだ。
と教えてくれたので、
それではお言葉に甘えて、といそいそと、
あれやこれやを放置して、映画館へと向かった週はじめ。

好きなことに向かうときは心も身体も軽やか。



『愚行録』

愚行録

羨望や嫉妬、駆け引きなど、誰もが日常的に積み重ねている「愚行」が複雑に絡み合っていく様を描いたミステリーを描く。ある日、エリートサラリーマンの一家が殺害され世間を震撼させる。犯人が見つからないまま1年が過ぎ、改めて事件を追おうと決意した週刊誌記者の田中は取材を始める。関係者へのインタビューを通して、被害者一家や証言者自身の思いがけない実像が明らかになっていき、事件の真相が浮かび上がってくる。


暗くて重たくて救いのない作品だと言うことは、鑑賞前から何となく予測はしていた。

始まった瞬間そのカメラワークに引き込まれる。

うまい。

視点・音・映像美…
映画のセンスが秀逸。

淡々とした内容で、もちろん狂気の渦にゆっくりと巻き込まれていくのだが、
あまり抑揚のないこのテンポで飽きさせることなく観客を最後まで引っ張っていく手腕の見事さ。

もちろんキャストの素晴しい演技も絶妙に絡み合い、
途中すっかり中に入り込んでしまったから、
作風云々…なんてそんなことすら忘れたけどね。

観賞後ハッと我に返りすぐに監督を調べたら、
ロマン・ポランスキーらを輩出したポーランド国立映画大学で演出を学んだ方ではないか。
石川監督、長編はこれがデビュー作なんだって。驚き。

撮影監督もポーランド・ワルシャワ出身の方。
石川監督と同じポーランド国立映画大学を卒業。

なるほど。
ここまで来るともう本作はロマン・ポランスキー作品以外何ものでもないね。

映像全体の沈んだ色調が共通している。
容赦ない現実を突きつける不穏でドライな作風もしかり。
理不尽で残酷極まりない真実へと舵を取るラスト。

余韻が半端ない。

石川監督の次作が楽しみです。


category: movie