yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

『この世界の片隅に』  

『この世界の片隅に』
この世界の片隅に

こうの史代のコミック漫画をアニメ化したドラマ。戦時中の広島県呉市を舞台に、ある一家に嫁いだ少女が戦禍の激しくなる中で懸命に生きていこうとする姿を追い掛ける。市井の生活を壊していく戦争の恐ろしさを痛感する。


今年は日本アニメーションの当たり年だ。

「君の名は。」の反響は凄まじいものがある。
評判が評判を呼び日本に留まることなくさらに世界へ出て行く作品だ。

今後まだまだたくさんの賞賛を得るだろう。

そして今作。

大きなバックアップはない。
クラウドファンディングで資金を調達してようやく世に出た。

これが「君の名は。」に匹敵するぐらい、いやそれを越えるくらい素晴しかった。

私が観た今年1番の作品かもしれない。

これは紛れもない戦争映画だ。

当たり前の日常が、「戦争」という魔物によって徐々に侵食されていく。

その恐怖を、大袈裟に恐ろしく描くのでもなければ、泣いてくださいと悲壮感たっぷりに描くのでもない。

「戦争」という波にのまれつつ波を越えていく人々をただ淡々と描く。

淡々とした中には、時代に翻弄されながらも生き抜いた人々の強さと同時に、強くなければ生きていけなかった切なさもたっぷりと詰め込まれている。

心にはずしんと大きなものが響く。
重たいものが残る。

今までの戦争映画とは全く違う感覚。

そして、当時の人々がいかに丁寧に日々を過ごしていたか、心が豊かだったか、物質の豊かさと引き換えに私たちが失ってしまったものがいかに大きなものだったか、そんなことに気づかせてくれる作品だ。

これもまた、日本が世界に誇るべき映画だと思う。

急がなくていい。
これから人づてにゆっくりと世評が広がり、たくさんの人の目に触れるといい。


最後に…
今作の大きな魅力は、戦争の捉え方と視覚的表現方法、そして音の演出だ。

コトリンゴの楽曲とのんちゃんの声が秀逸すぎて胸が震えた。
両者が確実に、今作に生命を吹き込んでいる。

category: movie

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。