yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




『何者』  

『何者』
何者

朝井リョウの直木賞受賞作を映画化。就職活動対策のため集まった5人の大学生が、SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする本音や自意識によって彼らの関係性が変わっていくさまを描く。就職活動を通じて自分が何者かを模索する学生たちがリアルな就活バトルを繰り広げる。


劇団ポツドール主宰の三浦大輔監督が演出。

数年前三浦監督が演出する舞台「裏切りの街」を観に行った。
徹底したリアリズムの中に潜む人間の欲望を浮き彫りにした、心にざくざくとナイフが突き刺さるような痛い作品だった。

ああ、この人はこんなシュールな作品を作るのか…
ふらふらと帰途に帰るさながら、その名前はしっかりと胸に刻まれた。

そして今作を三浦監督が手がけると知って、今どきの売れっ子俳優を並べた人気取り作品には成り下がらないことをどこかで期待し確信していた。

その期待は裏切られることなく、全く持って閉塞感たっぷりな作品を鑑賞することになる。

就活に揺れ動く若者たちの心の機微。
これは今も昔も大して変わらないんだが、今はそこにSNSが加わりより複雑化してしまう。

SNSにハマりすぎると、現実が遠のく。
現実が遠のくと、本来の自分を見失う。
分離すればするほど現況がますます不安定になる。

今ここを見失った若者たちの話。

みんなヨガをすればいいのに笑。
鑑賞中何度も思った。

ぶつかること、失敗することを怖がり、空っぽの世界で空回りする。
妄想が妄想を呼び何もかもが信じられなくなる。

SNSは私たちに、これまで手を伸ばしても容易に届かなかったたくさんの情報をいとも簡単に与えてくれる反面、リアルな世界からどんどん遠ざけてしまう弊害を生み出した。

今作から得られる教訓はさまざまだが、渦中にいる人物たちにその思いは果たして届くのだろうか。
これもひとつの空想の世界、いつでもリセットできる、自分はそこにはいない、などと軽く流されることのないよう願いたい。

主人公を演じた佐藤健のダメダメぶりは本当に見事だった。

るろ剣のときはあれだけのイケメンぶりに徹していたのに、みんなのハートをキュンキュン高鳴らせっぱなしだったのに、今作にはあのイケメンくんがどこにも見当たらなかった。一生懸命探したがだめだった。

全然かっこよくない…。

何が違う?

観賞後に気づいたのは目力だった。

今作には全く目力がなく、いつもおどおど何かを探していて不安げで。
心ここに在らず。

心がここにない人には目に力がない
→何かを探し彷徨いつづける
→ボンヤリしてる
→カッコよくない
→魅力的じゃない。

彼の演技力に感嘆しながらも、目力大事だなーとつくづく感じた。

私の心はここにあるか?
目の前にいる人との対話を大切にしてるか?

遠くに追い求めるのではなく、大切なものはいつも足元にある。

みんな一度は聞いたことのある有名な格言。
本当にその通り。

category: movie