yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




『TOO YOUNG TO DIE!』  

『TOO YOUNG TO DIE!』
IMG_3755.jpg

フツーの高校生大助は同級生のひろ美ちゃんのことが大好き。修学旅行中のある日、大助は不慮の事故に遭ってしまう。目覚めるとそこは―深紅に染まった空と炎、ドクロが転がり、人々が責め苦を受ける、ホンモノの【地獄】だった。なんで俺だけ!?まだキスもしたことないのに、このまま死ぬには若すぎる!慌てる大助を待ち受けていたのは、地獄農業高校の軽音楽部顧問で地獄専属ロックバンド地獄図を率いる赤鬼のキラーK。キラーKの“鬼特訓”のもと、あの手この手で現世に転生しようと奮闘する大助の地獄めぐりが幕を明ける。


くっだらねー!!!
と心の中で何度も叫びながら爆笑の連続。

主人公の大助が地獄に来てしまった理由も本当にくだらない理由だった。
このくだらなさで笑わせてくれるのがクドカンだ。

下ネタ含有率高めのばかばかしい小ネタをこれでもかこれでもかとぶち込んでくる。
そもそも死んでいるのに“成長物語”という微笑ましくも無茶苦茶な設定も、ノリのよさで強引に成立させてしまっている。
まさにクドカン・ワールド全開。

これまでのクドカン作品同様、圧倒的な情報量で突拍子もない世界観が描かれる。

不本意にも地獄に落ちた残念かつチャラい系男子高校生が神木くん
クールかつお笑い系赤鬼のキラーKが長瀬くん
この主演2人、完全に振り切った演技でクドカンの期待に100%応えてる。

…に加え、実は共演者たちが豪華すぎてびっくり。

実力者ぞろいの彼らは、ともすればマイナス要因になり得る演技への迷いや羞恥心を感じさせることが一切ないプロの演技で、私たち観るものに確かな笑いを約束する。

特に「じゅんこちゃん」の存在が秀逸。
導入部分で張られていた伏線が終盤にかけてぐいぐい浮かび上がるあたりはさすがクドカン。

最初から最後までそのばかばかしさは一貫していて、普通そういった作品は薄っペらく観客を置いてけぼりにしがちなんだけど、本作はノンストップで私たちの心を鷲掴み、最後は爽快な達成感と何やらあたたかな感覚が心を満たしてくれる。

音楽界からも素晴しい面々が参加している。

「TOO YOUNG TO DIE!」をはじめ地獄で火を噴くオリジナル楽曲のクオリティの高さに驚く。どの曲も映画の挿入曲という枠を超えた本気モードだ。

観賞後、CDを買おうと決意した。

原作ものやTVドラマの映画化があふれる中、これがオリジナル脚本作品であることが何よりも素晴しい。

category: movie