yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




『殿、利息でござる!』  

『殿、利息でござる!』
Cij0TefUUAAP4Je.jpg

「武士の家計簿」で知られる歴史家・磯田道史による評伝「無私の日本人」に収録されている一編「穀田屋十三郎」を映画化。江戸中期、財政難のため民衆に重税を課す仙台藩では、破産や夜逃げが相次いでいた。寂れ果てた宿場町の吉岡宿でも年貢の取り立てや労役で人々が困窮し、造り酒屋を営む穀田屋十三郎は、町の行く末を案じていた。そんなある日、十三郎は、町一番の知恵者である茶師・菅原屋篤平治から、藩に大金を貸し付けて利息を巻き上げるという、宿場復興のための秘策を打ち明けられる。計画が明るみになれば打ち首は免れないが、それでも十三郎と仲間たちは、町を守るために私財を投げ打ち、計画を進める。


この映画、番宣ではコメディーかと思わせておきながら、ふたを開けてみると実は真面目な人間ドラマというちょっとしたサプライズ作品。

もちろん笑いどころやツッコミどころはたくさんある。

ただ、ここでは金を出した人たちが「見返りを求めない」「口外しない」と誓約書を作ったところがポイント。

名誉欲や自己顕示ではなく、世のため人のために己を捨てるべしという戒めだ。

これが映画全体を引き締めて、軽薄なお笑いに終わらせない。

計画も誓約書も、史実通りという。

事実の裏づけが映画に説得力を与えているし、先達の気高い精神への作り手の敬意が感じられる。

胸の奥に転がっている古くさい教えの、埃を払ってみようかなと思わせる、気持ちのよい一本。

笑えて泣けて暖かい気持ちになる。
自分にも他人にもちょっぴり優しくなれる。
見たあとで何かいいことがしたくなる。
日本人として胸をはりたくなる。


そんな映画です。

category: movie