yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




涼のお茶と書道具の会  

昨日はplase.store大楠店のイベントに参加。

大濠から大楠まで自転車で片道30分強
トータル一時間以上も炎天下の中チャリを漕ぎ続けたので軽く熱中症になりかかった。

おまけに
海行ってるねー!って誤解されるぐらい真っ黒になった顔と腕。

その他は白い。

一番なりたくないまだら状態に今夏も陥ってしまった。

真夏の移動をなめちゃいけない。
ここは、時間をかけても公共交通機関で行くべきだった。

と猛省。


…前置きが長くなったが。

朝9時から催された文具屋でのイベントは 涼のお茶会からスタート。

夏らしい掛軸に茶道具 さらに素敵なお着物など
涼やかなおもてなしに茶の心を感じる。

IMG_1671.jpg





先生が点ててくれた冷抹茶の美味しいこと。

IMG_1659.jpg





lacleかぼすのバターケーキ。

IMG_1672.jpg

もうひとつのお菓子は桃のブランマンジェ。
(こちらが最初に出て来たのだけど焦ってがっついたため写真なし涙)

この会に参加したのはまりさんのお菓子が食べたかったから…
という不純な動機が半分くらい占めていた。

そのとおり ここでしかいただけない季節のお菓子にありつくことができ
もうこれで終わりでもいいよ…なんて早くも充分モード満々に出していたが…

そんなはずないか。
2服めは自分でお茶を点てることに。

私 高校の必修クラブで茶道部だったときがあり 
1年間ちゃんと作法を習ったはずなんだけど
最初から最後まで完璧に忘れていた自分に失笑。

この日は略式のやり方で先生が優しく指導してくれたから
それとなくぎこちなくこなせたからよかった。


まりさんと先生。

mari ocha





後半は書道。

筆は苦手だ。

年賀状とかご祝儀袋とか 
筆でさらさらっと書けたらどんなにカッコいいだろう って憧れるけれど 
筆ほどコントロールの難しいものはない。

この日使用する道具は吉田書道具店のプチ硯セット。

こんな小さな道具で書けるんだろうか と半信半疑ながらも
まるで漫才師ですか?と疑わんばかりの軽快な話術が持ち味の先生にのせられ
墨をすり 水を差し 筆を持たされ いつしか普通に文字を書いていた。

IMG_1674.jpg





私が書きました。

IMG_1688.jpg

と言いたいところだが もちろん先生がお手本で書いてくれたもの。

こんなふうに書けるまでには とにかくたくさんたくさん書くことらしい。

筆の持ち方とか運び方とか要所要所のポイントは教えてもらったから あとは回数か。



最後に「雲水」を先生にリクエスト。

どんな風な字がいい?と聞かれたので 
流れるような字 と答えたら。

IMG_1675.jpg

流れてるなー。
かっこいいなー。


お茶も書も 日本が世界に誇る伝統の美だ。

こんな時間を過ごすことで 自分が日本人であることを自覚する一方
日本人としてこんな時間を楽しめることに感謝する夏の1日。

宿題があったら この日のことを夏休み日記に書きたいね。


category: event

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/1443-3244561b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)