yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




『マジック・イン・ムーンライト』  

『マジック・イン・ムーンライト』
o0724102413138149145.jpg

1920年代の南フランスを舞台に、悲観主義者のマジシャンと楽天主義者の女霊能者の恋の行方を描くロマンティック・コメディ。


ウッディ・アレン監督はかれこれ50年近く
毎年1本ときに2本 コンスタントに映画を撮り続けている。

その情熱や体力だけでも敬意をはらうべきなのに
御歳80歳になろうとする今 こんなにも洒落たラブコメ作品を作れちゃうなんて
もう「お見事」としか言いようがない。

主人公はこれまでの作品同様自らを模写したようなキャラクター
無神論者で皮肉屋さらに悲観論者のマジシャンときた。

相変わらずめんどくさいキャラだ。

そんな堅物が若くて魅力的な女性にあっさりと恋をしてしまうのだから
ウッディ・アレンもそんな夢を見たくなるほど老いて丸くなってきたのだろうか…

なんてね。

特に奇をてらうこともなく先が簡単に読めてしまうストーリー。

だけど それが数々のアレン流マジックにかかると一変
醸し出された幻想世界が映画ファンを魅了する。

配役の妙
小粋な台詞の応酬
南仏の柔らかな日差し
一筋の月光
1920年代のうっとりするような衣装
ノスタルジックな音楽

映画はやっぱり魔法だ。

そう単純に感動させてくれる肩ひじ張らずに楽しめる作品です。

そして 人々の悲喜こもごもをコミカルに描写して決して外さないアレン監督に拍手。


category: movie

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/1396-e4d9c831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)