yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




京都 ぷらぷら  

友だちにおみやげを頼まれて祇園へ。


加加阿365

かかお


店内に入って間もなく ぱっと見で「宝塚」だとわかる面々が入ってきた。

私服なのに煌びやかすぎる出で立ち。

普通メーク?舞台メーク?
漫画の世界から抜け出てきた強烈な顔立ち。

宝塚ファンじゃなくても釘づけになる。

さらに 男性顔負けの男気溢れる声でチョコレートに興奮するさまには
かなりのギャップを感じた…。

バレンタインに世の男性以上のチョコレートをもらってるだろうに。



宝塚が去ってやれやれ…ようやくおみやげを購入。

ほろほろ佇古礼糖

IMG_9617.jpg


その名のとおりほろほろと溶ける繊細な食感は まるで和三盆糖のお干菓子のよう。

板の形を洛中の碁盤の目の町並に見立てたのだとか。





裏具

IMG_9687.jpg


一般の家の表札と並んで書かれた店名。

この入口の前を何度往復しても見つけられないはずだ笑。

ここから中に入って突き当たりを右へ。



田原さん 磯部さん に並んで 一番奥が裏具さん。

ひっそり感にも程がある。

IMG_9528.jpg



お茶屋を改装し 葉書や一筆箋・ぽち袋など
気持ちを伝えるためのオリジナル文具を扱うお店。

IMG_9529.jpg


ひとつひとつにこだわりがあり
その小さなこだわりに気づいていく時間が楽しい。



裏具をなかなか見つけられなくて宮川筋をうろうろしていたら…

お座敷に向かう舞妓さん一行と遭遇。

IMG_9535.jpg


「ほんまもん」を見たのは初めてで
息をのむほどの美しさに声も出ない。

その姿・立ち振る舞い・言葉・香り…
すべてにうっとりと 時を忘れてしばし見惚れる。





木版画 竹世堂

IMG_9686.jpg


裏路地にひっそりひそむ木版画の店。

すべて手彫りの木版で
さまざまな素敵アイテムが小さな店内に散りばめられている。

店への通路も狭ければ 入口も狭く さらに店内も狭い笑。

2〜3人入ったらぎゅうぎゅうです。





京都の町は あちらこちらで鮮やかな新緑が目に眩しく 清々しい風がそよぎ肌を撫で
歩いてまわるだけで充分… 五感が喜びに満たされます。

IMG_9539.jpg



category: trip

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/1393-8e62eadc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)