yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




『6才のボクが、大人になるまで。』  

『6才のボクが、大人になるまで。』
boyquad1.jpg

6才の少年とその家族の12年にわたる軌跡をつづった人間ドラマ。主人公の少年をはじめ、主要人物4人を同じ俳優が12年間演じ、それぞれの変遷の歴史を映し出す。お互いに変化や成長を遂げた家族の喜怒哀楽を刻みつけた壮大な作品。


本作はドキュメンタリーではなく”ドラマ”である。

少年の成長過程は決して平坦なものではなく
どちらかと言うと波瀾万丈…

なんだけど

台詞なのかアドリブなのか はっきりと区別できないたわいのない会話のせいなのか
日常を淡々と切り取り 丁寧な説明もないままサクサクと時間を重ねていく手法のせいなのか

ドラマティックな要素を省くことで
敢えて彼らの人生への感情移入を防いでいるかのようだった。

それが逆にリアルな感覚へと導いていく。

これはもはや現実のものではないだろうか という錯覚がそこに待っている。

そんな曖昧な時空間に身を委ねる私たちは
自身を「少年と家族の歴史をたった3時間弱という尺の中で観察する目撃者」のように感じていく。

そう これはまさしく観察映画だ。

画期的かつ奇跡的なのは
本作が実際に12年の月日をかけて(毎年数日ずつ)撮影されているということ。

愛らしい6才の少年はさまざまな体験を経て
顔つきも体型も声も 心までも 精悍な大人へと成長していく。

時に微笑ましく 時に美しく 時に残酷なリアリティ。

奇しくもこの日は息子の私立高合格発表の日で 朝から何かと感慨深く
映画を見ながら私は 主人公の少年の姿にいつしか息子の成長を重ねあわせていた。

なもんで 途中いろいろとこみ上げてくることも多々。

母親目線で見ると
早いです。子どもの成長って。
あっという間に大人になっちゃうんだもん。

…なんて 終盤は切なさでいっぱい。

12年の年月を主人公とともに歩んだイーサン・ホーク演じる父親の成長がまた素晴しかった。
(その昔『リアリティバイツ』で大好きだった彼だと途中まで気づかなかった私…)

はじめミュージシャンを夢見るちゃらちゃらした大人子どもだった父親が
息子とともに年を経るごとに地に足の着いた大人へと変化していくその様が
なんとも自然で唸るほどに頼もしい。

そして…
さらにその上を行く様を演じたのが母親役のパトリシア・アークエット。

彼女は時の流れの残酷さを身体を張って体現した。

スレンダーボディからあれよあれよという間にふくよかな体型へと変貌し
その後老いて再び痩せていくサイクルが生々しい。


本作は観る人によって感じ方は様々だと思うけど
それぞれの人生観をくすぐられることは間違いないだろう。

そして 押しつけがましくない「無常観」に誰もが気づかされるのだ。


歴史に寄り添ってくれる音楽もとっても素敵。

その瞬間瞬間に「大切」がいっぱい詰まった作品です。



category: movie

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/1347-7915b171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)