yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




野菜料理  

東京にはベジタリアン対応やマクロビオティックのお店がたくさんある。

私はベジタリアンじゃないけれど
東京に来たら興味津々 率先してそういったお店を巡る。



ナタラジ
IMG_6599.jpg


日本で初めての菜食インド料理レストラン。

ずっと行きたかったこちらのお店は
完全無農薬と有機肥料で育てる自家農園野菜を使ったり
アーユルベーダの知恵を活かしたスパイスの配合だったり
そんなこだわりの料理を提供してくれる。

命の宿った野菜
力のある野菜

そんなありがたい野菜がたっぷり入ったさまざまな種類のカレーに
ナンやチャパティを何枚もおかわり おまけにターメリックライスまで注文して
みんなでわいわいいただいた。

IMG_6587.jpg


どれも美味しくてペロリ。

胃もたれしない優しい味が嬉しい。





CHAYA macrobiotics
IMG_6806.jpg


有機玄米や季節の野菜・豆・海藻を中心とした彩り豊かでからだにやさしいマクロビオティック料理。

私の身体を長年メンテしてくれている先生おすすめのお店とあって
ここは今回ぜひとも訪れたかった場所。

新宿村でのWSのお昼休憩にタクシーを飛ばしてやってきた。

(旅先では一瞬一瞬が勝負 気合いの入りが違います笑)


日替わりランチ
IMG_6808.jpg


この根菜コロッケ激ウマでした。

ボリュームもたっぷり。
これが前菜だなんて…。



大豆ミートローフ
IMG_6813.jpg


味もさることながら見た目も美しい。



食後のデザートたち
IMG_6810.jpg


これが卵・バター・生クリームなどの乳製品と白砂糖を一切使わず
豆乳やメイプルシロップ・米飴などの植物性の素材でつくったスイーツとは。

マクロビの概念を一掃してしまうほどのクオリティの高さに脱帽。





クレヨンハウスのベジタリアンナイト
IMG_6844.jpg


和美さんがフードファイトに行こう!
と誘ってくれました笑。

月に2回の開催だとか。

運よく参加できてよかった。

オープンと同時に駆け込んだものの
店内にはすでにフードファイターたちの長蛇の列が。

たくさんの種類の料理が並べられ ビュッフェ形式で各自好きに取っていくのだけど
みなさん慣れた手つきでお皿にもりもりと載せていく…。

ちょっと気合い負けしそうに。

頑張ってこんな風に盛ってみた。

IMG_6643.jpg


和美さんは小柄なのに気持ちのいいほど食べっぷりがいい。

この日も「きっと私の2倍は盛ってんじゃないか?」
と どきどきするくらいの量をいそいそと運んで来た。

後日涼子さんから

「和美さんはゆみさんがいたからその日は遠慮したらしく
いつもより控えめに盛り いつもよりゆっくり食べたから満腹になってよかった
って言ってましたよ笑」

と聞いたときは 
あれが遠慮の量だったのか…とさらに驚きが倍増した。

かわいい人だ笑。




NEPALICO
IMG_6715.jpg


渋谷のネパール料理専門店。

この日は朝から夜までいろんなところに連れて行ってくれたエミさん。

あいにく店休日だったり
この日に限って臨時休業だったりと
なぜかエミさんおすすめの店々にことごとくフラれつづけたとある夕べ。

ようやくたどり着いたのがこちらの素敵なお店だったわけで
私にとっては記念すべき初ネパール料理の日となった。


店のいち押しはダルバート。

IMG_6712.jpg


私たちはベジダルバートを注文したので
チキンカレーの代わりにアツァールと呼ばれる野菜がついてきた。

ウェイトレスのネパール人の女の子は日本語が堪能で
ダルバートについて
「ダルはみそ汁 アツァールはお漬けもの。
日本人のごはんと同じ ネパールでは毎日いただくものです。」
と説明してくれた。

ダルバートは何度もお代わりしちゃうほどハマる優しいお味。

確かにネパール料理はインド料理に比べると香辛料がかなり控えめで
毎日食べても飽きないしむしろ日本人にとっては親しみやすいんじゃないか…
そんな印象だった。

IMG_6711.jpg



こうして羅列してみるとよく食べてる…。

東京ではあちらこちらよく歩いたけど
もしかしたらそれ以上によく食べたかも。

旅に出ると欲張りになる。

仕方ないね。


category: trip

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/1318-0f63d257
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)