yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




珈琲店めぐり  

旅のお楽しみは珈琲店めぐり。

この道何十年の歴史を積み重ねた老舗珈琲店や今流行のサードウェーブカフェなど
巷では珈琲ブーム再来の昨今。
 
新旧の差はあれど 
初めての店へ足を踏み入れるわくわく感は
初めて珈琲を口にするような新鮮な感覚を引き起こす。

珈琲の香りや味はもちろん
器や店内の雰囲気や来店する人たちなんかを
どきどきしながら味わうのが好き。


STREAMER COFFEE COMPANY
IMG_6809.jpg


言わずと知れたラテアート世界チャンピオンの店。

朝早くからたくさんの人でにぎわう店内。
今どきって感じ。

ラテアートの美しさはさすが。

IMG_6634.jpg

バナナキャロブマフィンとともに。




ランブル
IMG_6811.jpg


今回絶対に訪れたかった店。

銀座の裏路地にある老舗中の老舗。

店主は御歳100歳。

すでに現役を引退されているが 
入り口近くの椅子に深々と座って店内の様子をじっと伺っていた。

珈琲の淹れ方はかなり独特…
興味深くついつい見入ってしまう。

私の来店時 外国人の中年夫婦が2組も来店され
一見大人しげな珈琲マスターが流暢な英語で堂々と珈琲の説明をしていたもんだから
きっと世界各国の珈琲愛好家がわざわざこの店目指して珈琲を飲みに来られるんだろうな
なんて想像したりすると
わざわざ福岡から足を運ぶことなんてちっぽけなもんだ
と妙に納得したりして。




イーハトーボ
IMG_6720.jpg


エミさんが案内してくれた下北沢の喫茶店。

以前エミさんが下北に住んでいた頃常連だったというこの店は
音楽や本が好きな人にはたまらない店だ。

古き良き70年代の雰囲気をそのままに
大音量で流れるレコードミュージックと 無造作に積み重ねられた古本と
実はすごい人だと噂の耳たぶがびっくりするくらい大きい個性的なマスター。

ノスタルジックな佇まいに惹かれて今も尚
多くの売れないミュージシャンや物書きや劇団員たちが集う店ってのも頷ける話。


ここでは珈琲ではなく
名物のホットチョコレート(奥)と
ほんとにスパイシーすぎるスパイシーチャイ(手前)を注文。
なぜかおまけのプルーンつき笑。

IMG_6719.jpg




COUTUME(クチューム)
IMG_6726.jpg


「パリで一番美味しい珈琲が飲めるカフェ」の名声を手にした店だとか。

TYG青山に行く途中たまたま目にしたので入ってみた。

パリ本店から日々送られる豆を
その果実味を損なわないためのスチームパンクでいただく。

パリを思わせるお洒落な店内は
青山の骨董通りに位置するだけに余計お洒落感が増して見える。




MERCI BAKE
IMG_6807.jpg


カフェというかスイーツが話題のお店。

今年の7月にオープンしたばかりのこの店は
オープンと同時にスイーツ好きのハートを鷲掴み。

駒沢の本屋曰く
「関東で2人しかいないお菓子王子のひとり」
がここのスイーツを作っているらしい。

エミさんとこの店を訪れたのは15時前だったにも関わらず
お目当てのスイーツは残りわずか。

私たちが店内で注文している間にも訪れる客は後を絶たず。
注文後間もなくその日のスイーツは完売してしまうという人気ぶり。

私はキャロットケーキ
エミさんはレモンケーキ
どちらも文句のない美味しさに言葉が出ない・・・そして涙ぐむ2人。

IMG_6690.jpg

近所にあったら間違いなく通ってたな。




今回行きたかった珈琲店すべてに行けた訳ではなく
逆に行く予定のなかった店に行ったり…と
風の吹くまま気の向くままに行動してみた。

するとそこには新しい発見とサプライズと喜びが伴う。
ありがたい。

行きたかったお店は
ずっと行きたいと願ってるお店なんだけど
なかなか行けないというのは縁がないのかなーなんて思ったり。

珈琲店の宿題がどんどんたまっていく一方なので
また東京に行かなきゃ って自分で勝手にミッション作ってます笑。


category: trip

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/1316-6e45865a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)