yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




グレゴール・メーレ先生  

長くアシュタンガヨガを練習している人ならきっと誰もが知っているであろう
そんな有名な先生の1人がグレゴール・メーレ先生だ。

30年以上前にヨガを始め 80年代半ばより毎年インドを訪れ
様々なヨガやタントラの指導者・修行者や修行僧と共に修行を深めているグレゴール先生。

90年代後半アシュタンガヨガの総本山マイソールにて14ヶ月間修行し
今は亡きグルジからアシュタンガヨガの指導資格を与えられている。

解剖学から観たポーズのアラインメントについて
またヨーガの八支則の中でも上位の支則について学びを深め
ドイツで医師としての学位を取って解剖学について学び
ドイツの大学で歴史学・哲学・比較宗教学も学んでいるんだとか。

すごい…すごすぎる。
こんなに学んでる先生ってそうそういない。

グレゴール先生はアシュタンガのヨガヴィンヤサメソッド
プラナヤーマ・瞑想などについて数々の本を出版し
世界のヨギに大きな影響を与え 日本においても著書が訳され人気となっている。

私ももれなく彼の著書に影響を受けた1人で
グレゴール先生の書いた本3冊をバイブルのようにしっかりじっくり読み込んだ。

そして今もそれらを日々の実践と探求に活かしている。

グレゴール先生 実はこれまで来日したことがなく
今回TYGの和美さんが縁あって先生をお呼びすることになった
と聞いてからは もうその日が楽しみで楽しみで…
半年以上心躍らせる日々を過ごしていた。

今秋の東京行きの一番の目的はグレゴール先生の教えを受けること。

いろんな所に行ったりたくさん食べたり…と別の意味で満喫してるけど笑
本当に本当はグレゴール先生に会いたかったんだ。

本の中でお会いするグレゴール先生は
彫りの深い一般的なドイツ人らしいお顔で
ちょっぴり厳格なイメージが漂っている。

なので 初めてグレゴール先生に会う直前まで
ピリリと背筋が伸びるような緊張感に包まれていた…

…のだけど
実際にお会いしたグレゴール先生はイメージとは180度違って
とっても穏やかで柔らかで まるで風のようなお方だった。


新宿村で行われたWSは2日間。

プラナヤーマ&クリヤテクニック にはじまり
ヨガ哲学-ヨーガスートラ
アシュタンガヨガプライマリーシリーズ 解説と解剖学
瞑想テクニック

と盛りだくさん。

グレゴール先生の素晴しさを実感するのに
WSが始まってからそんなにたくさんの時間はいらなかった。

グレゴール先生は喋りだしたら止まらない。

あらゆる分野で培われた膨大な知識が湧き水のように溢れ出し とりとめもなく流れ
私たちはそれをとりこぼさないよう五感を研ぎすましてついていくのに必死だった。

グレゴール先生の流暢な語り口は 私たちをためらわせることなく
奥深いヨガの世界へと導いていく。

グレゴール先生が導く深遠なるヨガの世界は
難解で複雑というよりも豊かで崇高な場所。

その一片にわずかでも触れることができて幸せだった。

時間さえあれば もっと奥地に連れて行ってほしかったし
もっとたくさんの教えを もっとたくさんの質問を…
と もっともっとの欲求が止まらない。


IMG_6625.jpg





IMG_6624.jpg





IMG_6622.jpg





IMG_6620.jpg


先生はどのくらい練習されてますか?

との質問に

私には家庭もあるし社会的役割もあるからヨガだけに没頭することはできない。
だから練習は5時間くらいかな。

とニコニコしながら答えるグレゴール先生。

……。

5時間って。
すでに修行僧の域ですよ笑。

呼吸も5000回やってるとか
言葉の端々に生半可じゃないヨガへの献身が垣間みれる。

ずば抜けた探求心。


IMG_6618.jpg





IMG_6621.jpg





IMG_6626.jpg





WS終了後にグレゴール先生と談笑。

IMG_6593.jpg


拙い英語にも笑顔で返してくれる。
(ちゃま先生撮影。ありがとうございます。)




グレゴール先生とちゃま先生と和美さん
そしてひと月後に出産を控えたお腹の大きな美香ちゃんと。(ここで産まれなくてよかった笑)

IMG_6598.jpg



WS後3日間 グレゴール先生のマイソールクラスに参加することができたのはとてもラッキーだった。

マイソールクラスで 改めてグレゴール先生の素晴しさを実感できたのだ。

先生の持つ雰囲気というか立ち振る舞いというか
それはいつも安定していて変わらない。

最初に感じた風のような…という表現がぴったりで
変なプレッシャーも与えなければ
興奮させて場の雰囲気を乱したりもしない。

誰の練習も邪魔しない。

かといって何もしない訳ではなく
静かな細かな動きで1人1人に適切なアドバイスを与えていく。

普通 初めてや久しぶりの先生にマイソールクラスで練習を見ていただくときは
どうしてもいつもとは違った力みや緊張に支配され
普段の動きができなくなる場合が多い。

だけどグレゴール先生のフラットな佇まいは
その場の空気を常に一定に保ったまま
静寂と安定をもってそれぞれの練習に心地よいリズムを生み出す。

グレゴール先生には
マイソールクラスの本来あるべき姿を見せていただいた気がする。



IMG_6574.jpg



マイソールクラスの初日
名古屋Mysoul8の先生アッキーさんとたまたま並んで練習する機会があり
朝ごはんを食べながらいろいろと話をした。

アッキーさんは「グレゴール先生は本当のヨガの先生だね」と
しみじみと感動していた。

ああ ほんとうにそうだ。
「ほんとうの」という言葉の重さをつくづく噛み締める。

アーサナにもプラナヤーマにもメディテーションにも哲学にも精通していながら
どれが上でどれが下などの位置づけにこだわることなく
どれかひとつに特化することなく
すべてが同じラインで並んでいて 
それを同じように深めていくことがヨガの探究だ…という先生の教え。

その考えがベースにあるからこそ
グレゴール先生は偏ることなくただ純粋にそこに立っていられるのだろう。

チャック先生は情熱的でアグレッシブ
グレゴール先生はフラットで穏やか。

一見両極のように見えるお2人だけど本質は同じだった。

2人ともヨガの原点をただ誠実に伝えている…
ただそれだけ。

でもそれが一番難しいんだけどね。

安定して立つ。
安定して座る。
安定と平和はすべて自分の内側に。


またいつか会えるといいな。
グレゴール先生からもっともっとたくさんのことを学びたいです。


category: yoga

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/1315-bf021388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)