yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




【福岡】chama指導者養成コース200時間 福岡第3期  

久しぶりの来福で 福岡のヨガシーンを賑わせたchama先生ですが
今回はそのchama先生による200時間指導者養成コースについてのお知らせです。

福岡では2012〜2013年に第一期 2013〜2014年に第二期がすでに開催されており
今回の募集が第三期…来年3月スタートとなります。



《chama ヨガ指導者養成コース200時間 福岡第3期》

2015年3月20日 (金) ~3月29日 (日) & 2015年6月26日 (金) ~7月5日 (日)  >>お申し込みはこちら

「TOKYOYOGA」のディレクターchama先生による少人数制の指導者養成コースです。
東京で行われているプログラムをここ福岡でも受講できます。
ヨガ指導者を目指す人はもちろん プラクティスの質を深めたいヨガ練習生におすすめします。
全米ヨガアライアンス認定取得可能。


~教えることは 学ぶこと。~

本当にもっと学びたいのであれば「教えること」だと考えます。
もし ヨガをもっと深めたいと思っているあなたが何が必要かを知りたいのであれば
ためしに誰かに教えてみてください。

自分が何を知らなくて 何を知ってるのか?
知っているようで 実はあいまいだったこと。
当たり前だと思っていたことが実はそうではなかったこと。
正しいと思っていることの根拠。

様々なことに気がつくでしょう。

このコースの指導は実践がベースです。
多くの「教える」実践を重ねることであなた自身についてを深く知り
指導者としての責任と自覚が芽生えます。

教えることは 学ぶこと。

指導者を目指す人も目指さない人も
深くヨガを学びたい人であればどなたでも大歓迎です。


~マニュアルではない少人数指導~

chama先生の200時間指導者養成コースでは
テキストはありますが指導のための専用のマニュアルの用意はありません。

指導者養成コースを初めて受ける人は 経験の浅さから自信がなくマニュアルに頼ってしまうため
卒業後もマニュアルにとらわれて可能性を自ら狭めてしまうことがあるからです。

このコースでは「本質」を学んでもらうため マニュアル通りにプログラムを進めるトレーニングではなく
講師と生徒のコミュニケーションを重視して行われます。
経験で得られたものはリアルに身につき 観察力・判断力・応用力を伸ばしてくれるからです。

200時間という限られた時間を有効に使うため 定員を制限し
毎期 参加者の経験や個性に合わせた内容で指導しています。

chama先生が教える指導者養成コースとしてはベースは同じですが
毎期アプローチが異なるため 前回のコースで行ったことが今回のコースでは行われないこともあります。

そのため卒業生は 毎回コースが続く限り無料で見学をすることできます。(東京・福岡ともに可)

卒業後もコースを客観的に見ることで新たな発見をし 違う角度のアプローチに触れることができます。

受講する方には コースの修了を終わりと考えずに
新たな学びのスタートととらえて継続して学んでもらいたいと考えています。


~カラダを通じて知る自分と他人~

このコースでは 講師の指導だけではなく多くのペアワークやアジャストメントなど
普段のヨガスタジオでの練習ではできない多くの経験をします。

まずは ヨガへの入り口としても目に見える自分の「カラダ」という
最も身近な存在とのコミュニケーションが重要だと考えています。

カラダの声を聞き動きを知った上でヨガに向き合うことは 長くヨガを続ける上で大切なことです。
それは他人についても同様です。
他人のカラダから伝わる本質的なメッセージをきちんと受け取ることが
自分にとってのあらたな学びとなります。
他人と自分との違い 他人と他人の違い 人は全て違うということを受け止め受け入れていくことも
ヨガのプラクティスの一つです。

実際に自分の身体を動かすだけではなく他人との作業を通じて得られるフィードバックに
きちんと真摯に向き合い・考え・さらなる実践を積んでいく練習をします。


~ヨガの普及についてちょっとだけ真剣に考えてみる。~

「ヨガってすばらしい」と感じているあなたのまわりにどれだけ日常的にヨガをしている人がいますか?

あなたという人を通じて多くの人にヨガを知ってもらうことをすこし考えてみましょう。
コースの中には「プロモーションを学ぶ」という時間があります。

ヨガの普及を目的とした会社であるTYGとして 指導者養成コースを受講した人に知っておいて欲しい 
ヨガの魅力を人に伝えるテクニックを教えます。

このコースを終えたとき 
ヨガ指導者にとって必要な基礎的な実践と理論の習得が自立したヨガプラクティショナーへ導き
ヨガ指導者としての確かな道を進むスタートラインに立てることでしょう。


~200時間指導者養成コースを修了することで得られること。~

・自立したヨガ練習生としての姿勢
・基本的な機能解剖学への知識
・アシュタンガヨガならびにハタヨガの基礎と指導
・リストラティブヨガの基礎と指導
・ヨガの成り立ちへの理解とヨガ哲学の土台
・ヨガティーチャーとしてのプロモーションの方法
・ヨガティーチャーとしての自信
・TOKYOYOGA指導者養成コース(200時間)認定証
・全米ヨガアライアンス200時間への登録申請資格


【開催日時】
 前期:2015年3月20日金曜日~3月29日日曜日 10時~18時
 後期:2015年6月26日金曜日~7月5日日曜日 10時~18時


【開催場所】
 福岡ビル9階6ホール(予定)
 福岡市中央区天神1丁目11番17号


【受講資格】 
 ヨガ指導を目指す人。
 もっとヨガを深めたい練習生。
 定期的なヨガの経験のある人。


【継続学習制度】
 卒業後コース見学制度(無料)
 コースをすべて修了した人は次期から東京・福岡開催の見学が可能となります。
 *それぞれ規定があります。


【福岡開催限定特別特典】 
 福岡コースでは 東京コースにあるTOKYOYOGAスタジオでのクラス受講の代わりに
 雲水ヨガスタジオ(福岡市中央区大濠)でのクラス受講を特典として設けています。
 TT受講期間中 お好きなクラスを10回受講することができるお得な特典チケット付きです。
 


【講座受講について】 
 原則としてお申し込みの期ですべてのクラスを受講しなくてはなりません。
 万が一 今期のコースで受講ができなかった講座は来期以降で振替えができますが
 その場合 同じ講座でも受講生の理解度などにより同じ科目でも内容が変更される可能性があります。
 認定証はすべての課程を修了した時点での発行となります。
 欠席が3日を超えた場合はコースの進行状況により継続をご遠慮いただくこともあります。

 
【定員】 
 14名
 *少人数制となりますのでお早めにお申込みください。
 *最小催行人数10名


【講座費用】 
 430,000円(税別)


【講師】 
 chama(TOKYOYOGAディレクター)
 桜井くみ(TOKYOYOGAティーチャ-/ヨガ解剖学講師)
 伊藤雅之(愛知学院大学文学部国際文化学科准教授/宗教学者)
 相澤みゆき(ライフスタイル講師/アーユルヴェーダ担当)    


【お申し込みの前に…】 
 コース中の学びを充実させるためにも
 些細なことでもクリアにしたうえでご受講いただくことが大切と考えています。

 ぜひ 電話やメールなどで疑問点や不明点について直接お問い合わせいただき
 ご納得のうえでお申し込みください。

 chama先生の指導を受けたことのない方は一度ご相談ください。

 ~ご相談先~
 どちらかにお気軽にご相談ください。

 1.TYG (担当:片山涼子)
 info@tokyo-yoga.com
 03-6379-1210 (福岡コースについて…とお伝えいただくとスムーズです)

 2.福岡現地担当(立山由美)
 yumit1226@gmail.com


【お申し込みについて】 
 お申込みはこちらから→ ★(click)


【カリキュラム】
 1. アーサナ&ヨガ指導
 『アーサナプラクティスの基礎の確立と指導』
 ヨガ指導者として そしてヨガ探求者としてあなたの個人的な練習を深め構築していきます。
 ハタヨガの基本的なポーズの実践と練習・指導方法を学びます。
 アシュタンガヨガポーズを素材として動的なポーズへの取り組みと 
 静的なポーズへの取り組みを分けて学びますので 流派にこだわらず理解を深められます。
 後半においてはヨガのグループ指導のためのプログラム作りなども学びます。
 また 究極のリラックスヨガと言われる「リストラティブヨガ」の実践と指導法も学びます。

 【主な内容】 *内容は変更する可能性があります。
 ・呼吸
 ・太陽礼拝
 ・立位のポーズ
 ・座位のポーズ
 ・逆転のポーズ
 ・プロップス(ブロック・ベルト・ブランケット)の効果的な活用法
 ・ヨガプログラム作りとグループ指導(アシュタンガ・ヴィンヤサ・ハタ)
 ・クラス構成の方法

 2. 解剖学
 『ヨガに役立つ解剖学』 
 機能解剖学の基礎知識はヨガ指導者にとって必須と言える知識です。
 TYGティーチャートレーニングでは 基礎知識の確立と
 特にヨガの現場においてすぐに役立つポーズとカラダの関係や怪我の予防などを 
 長年、鍼灸・整体師として活躍しながらも実際にヨガ指導者としてヨガの現場を見続けている 
 桜井くみ先生が指導をします。

【主な内容】*内容は変更する可能性があります。
 ・カラダの生理学的な側面から全体的なシステムを知る
 →生きているカラダの仕組みを知る。カラダの動きの仕組みを知る。
 ・カラダを支える骨格、支柱構造を知る → 脊柱・骨盤・股関節・胸郭
 ・怪我について → 炎症性の痛みについて(オーバーワークなど)

 3. アジャストメント指導
 『アジャストメント指導を通じた伝達とカラダへの理解』
 アジャストメントとは 手で触れることでポーズの調整とカラダへの意識の方向性を伝える技術です。
 TYGでは この技術を身につけることは指導のためだけではなく
 練習者としてもカラダとアーサナへの深い理解をもたらしコミュニケーション能力を上げるためにも 
 大変有益であると考えています。

 アジャストメント指導を中心としたマイソールクラスを長年続けているchama先生による指導です。

 4. ヨーガ哲学基礎
 『わかりやすいはじめてのヨガ哲学』
 だれにでもわかりやすいヨーガ哲学の基礎講座。
 ヨーガの歴史から ヨーガの教典の読み方 マントラや瞑想にも触れることができます。

 【主な内容】*内容は変更する可能性があります。
 ・ヨーガの心理学
 ・ヨーガ・スートラの実践テクニック
 ・ヨーガと日常生活
 ・ヨーガと瞑想
 ・インドの聖典『バガヴァッド・ギーター』入門等

 5. 実習&プロモーション
 『クラス実習とプロモーション』
 実際に学んだことを実践形式で行ないます。
 リアルなグループ指導を行なうことでフィードバックをもらい責任ある指導者としての心得を学んでいきます。
 また「プロモーション」は 一般的に指導者養成講座では触れられないような
 ヨガティーチャーとしての仕事の獲得方法やヨガのコミュニティを育てていくためのSNSや
 インターネットなどの活用術にまで踏み込んでプロモーション術を紹介。
 すぐにでも活躍を目指すヨガティーチャーにとって役立つ情報を具体的に学びます。

 6. ヨーガとライフスタイル
 ヨーガやインドなどの文化と関わりの深い講座

 【主な内容】(予定)
 ・アーユルヴェーダ基礎講座
 ・アロマテラピー基礎講座


【受講に必要なもの】  
 1.テキスト
  以下 各自ご用意いただく必要があります。
  ・アシュタンガ・ヨーガ実践と探求 (産調出版)
  ・アシュタンガ・ヨーガ インターミディエートシリーズ (産調出版)
  ・現代人のためのヨーガ・スートラ(産調出版)

 2.ヨガマット

 3.ヨガする服装(レクチャー中やリストラティブヨガでは体を冷やさないように温かい服装を
  ご用意ください。レクチャー中は靴下の着用可)

 4.筆記用具



【講師】
chama (TOKYOYOGAディレクター)teacher_img_01.jpg
アシュタンガヨガの実践・指導を重ね、機能解剖学を学びクラニオセイクラルなどのボディワークへの知識を生かしたアジャストメント指導(身体に触れての指導)に定評がある。 近年自身の経験から「自立したヨガ指導者」を育てるための少人数制ヨガ指導者養成講座を開催し、後輩の育成にも力を入れている。 介護の経験や、高齢者への指導の経験をもち、リストラティブヨガの第一人者Judith Hanson Lasaterの下で定期的に学び、リストラティブ(癒やしと回復)の要素をヨガクラスに取り入れ心身の回復を目指す人やシニアの指導にあたる。 Nancy Gilgoff「Adjustment Clinic」、David Swenson「Ashtanga Yoga Teacher Training Primary Series / Intermediate Series」、Cyndi Lee「NY.OMヨガティーチャートレーニング」などに参加。 定期的に東京で指導しながら日本各地のワークショップ、国内外のヨガイベントにて指導。


桜井くみ (TOKYOYOGAティーチャー/解剖学講師)teacher_img_02.jpg
10年以上の鍼灸・整体師経験や知識を活かし、マイソールクラスを中心にアシュタンガヨガクラスを担当。 インド・マイソールでの修行の際には多くのプラクティショナーに対して鍼灸のセッションを経験。ひとりひとりが自分の身体について知り、もっと興味を持ってもらえるよう「TOKYOYOGA解剖学」としてワークショップを開催している。 また、怪我に苦しむプラクティショナーへの治療やカウンセリングも行っている。 鍼師・灸師・あん摩マッサージ指圧師・整体師・アロマセラピーインストラクター。

   




 
伊藤雅之 (愛知学院大学文学部国際文化学科准教授/宗教学者)1998年米国ペンシルバニア大学大学院博士課程修了。社会学博士(Ph.D.)。
日本学術振興会特別研究員(東京大学文学部宗教学研究室)を経て01 年より現職。
日本トランスパーソナル心理学/精神医学会理事・日本宗教学会評議委員。専門は宗教社会学。
特に現代世界に広がるスピリチュアリティ文化(ニュー エイジ、ホリスティック心理学など)に関する研究をおこなう。ヨーガと瞑想の実践者でもある。
2007年以降ヨガフェスタにてヨーガ哲学を担当する。
著書に『現代社会とスピリチュアリティ』(渓水社、2003年)訳書に『現代人のためのヨーガ・スートラ』(グレゴール・メーレ著、産調出版、2009年)などがある。




teacher_img_05.jpg
相澤みゆき(ライフスタイル講師/アーユルヴェーダ担当)
東京生まれ 伊豆高原在住。
トリートメントサロンやホテルでの施術 ヨガスタジオにてアーユルヴェーダの講師 カルチャー教室にてヨガ講師などを経て今に至る。現在は自宅サロンcocowaにてトリートメントやヨガ教室を営むかたわら、週末には、断食施設でのトリートメント松本くら主催リーラスクールのアシスタントを務める。
エサレンマッサージ認定プラクティショナー・日本アーユルヴェーダスクール専門課程終了・ フェイシャル認定エスティシャン・アロマティックヘッドマッサージ修了・日本アロマ環境協会アドバイザー。







すでに募集は始まっていて
私の方へも数々の問い合わせが来ている状況です。

今現在数名の申込者がいる中
先日のWSで参加を決めた方もいらっしゃいます。

少人数制となってますので(先着順)お早めにお申込みくださいね。



category: yoga

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/1306-f7562342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)