yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




『伊藤雅之先生ヨーガ哲学講座』開催のお知らせ  

200時間TTでお世話になっている社会学博士伊藤雅之先生のヨーガ哲学講座を 来年の2月福岡で開催することとなりましたのでお知らせします。

伊藤先生はヨガ手帳2009のコラムで次のようにおっしゃってます。

「ヨーガにおいて実践と哲学的探究とはコインの裏表であり その両面へのアプローチは不可分です。
ただ実際のところ アーサナの実践をしつつもヨーガ哲学の学習がおろそかになりがち…というのも事実でしょう。」

ヨーガを学ぶ人たちにとって ヨーガ哲学とは難解で頭を悩ませるものかもしれません。 

勉強したい・学びたいと思って本を手に取っては見たものの それらを読破したり理解したりするのはなかなか難しく 志半ばで断念…なんて人たちも多いのでは。(実際に私がそうです笑)

私は200時間TTで伊藤先生に出会って これまでチンプンカンプンだったヨーガ哲学に一筋の光が差してきた そんな気がします。

伊藤先生の講座は本当におもしろくて 眠たくなるどころかもっともっと…とその先を知りたくなる そんな欲求を私たちから引き出してくれます。

今回の講座はTTの枠を越え 伊藤先生に魅力溢れる内容で組み立てていただきました。

講座についての詳細は以下の通りです。




『伊藤雅之先生ヨーガ哲学講座』

■プログラム(全7講座/16時間)*単発受講可能

【1日目】2月21日(金)@警固神社

*18:30~20:30 〜はじめての瞑想〜
これまで瞑想経験のほとんどない人たちを対象とした実践型入門講座です。瞑想とはそもそも何を目的としているのでしょうか。瞑想のねらいをおおまかに解説したあと、私たち現代人にふさわしいと思われるいくつかの瞑想法を実践します。軽い運動をしたり、座ったり、横になったりしますので、ヨガマットを持参し、ゆったりとした服装での参加をお願いします。


【2日目】2月22日(土)@警固神社

*9:00〜11:00 〜ヨーガ哲学の基本〜
ヨーガの古典『ヨーガ・スートラ』を読み解くための基礎となるのがサーンキャ哲学と呼ばれるものです。この講座では、サーンキャ哲学の基本的考え方を学び、『ヨーガ・スートラ』を読むためのコツを習得します。午後の講座の前提となりますので、この哲学にあまり馴染みのない方は是非ご参加ください。

*12:00~14:00 〜『ヨーガ・スートラ』の世界(その1)〜
この講座では、『ヨーガ・スートラ』を全体像をおおまかに理解したうえで、1章のキーワードのいくつか(イーシュバラ、潜在印象など)を学びます。また1章に関連するヨーガの実践(慈悲の瞑想、オームの詠唱)をする予定です。この午後の講座に参加する人は『現代人のためのヨーガ・スートラ』(産調出版、2009年)を事前に購入し、当日持参してください(読んでおく必要はありません)。

*14:15〜17:00 〜『ヨーガ・スートラ』の世界(その2)〜
この講座では、引き続き『ヨーガ・スートラ』の内容をおおまかに理解していきます。おもに2章を取り上げます。また2章に関する実践(ことばを用いた集中法、マインドフルネス瞑想)をする予定です。


【3日目】2月23日(日)@福岡ビル9F会議室

*10:00〜12:00 〜仏教とヨーガ(インドの歴史について)〜
この講座では、インド哲学・思想の歴史、とくにヒンドゥー教、仏教、ヨーガの関係を明らかにいしていきます。おそらくインド人にとってもっとも馴染みのある聖典『バガヴァッド・ギーター』の内容(午後の講座)に入る前提となるものです。

*13:00〜15:30 〜『バガヴァッド・ギーター』の世界(その1)〜
*16:00〜18:30 〜『バガヴァッド・ギーター』の世界(その2)〜

『バガヴァッド・ギーター』は、インド人をはじめ世界中の多くの人たちに愛読され、人々の日常生活を勇気づけてきた珠玉のことばにあふれています。一見、読みづらそうな本ですが、いくつかのコツさえ押さえれば、それほど難なく読み進めることができます。講座は長時間の座学となりますので、、敷物(ヨガマットなど)を持参し、ゆったりとした服装での参加をお願いします。なお、本講座の参加には『神の詩ーーバガヴァッド・ギーター』(Tao Lab Books、2000円)または『バガヴァッド・ギーター』(上村勝彦訳、岩波文庫、630円)が必要ですので、事前に購入し、当日ご持参ください(前者は平易な文章で読みやすく、後者はやや難解なところもありますが原文に忠実で格調高い日本語となっています)。



■定員

各講座20名



■受講に際して

伊藤先生より〜
土日全日参加がありがたいですが、土曜日、日曜日は別の内容を扱いますので1日だけでもかまいません。
土曜日はヨーガスートラ、日曜日はバガヴァットギーターで、午前にその前提となる講座を行い、午後その内容に詳しく触れていきます。特に用事のない方は3セッション連続参加を、もしくは、午後は続きものの話ですので、午後の2セッション連続参加をお勧めします。



■受講料

*1日(22日・23日どちらか) 10,000円
*2日通し(22日・23日両日) 18,000円
*3日通し(21日〜23日)   20,000円
*単発受講の場合1講座     4,000円



■持参するもの

『現代人のためのヨーガ・スートラ』(産調出版、2009年)(22日参加の方)
『神の詩ーーバガヴァッド・ギーター』(Tao Lab Books、2000円)または『バガヴァッド・ギーター』(上村勝彦訳、岩波文庫、630円)のどちらか(23日参加の方)
*ヨガマットもしくはブランケットやクッションなど腰の下に敷くもの(長時間の座学に備えて)



■お申し込み/お問い合わせ

件名に「ヨーガ哲学講座」と記載の上
①お名前
②電話番号
③受講希望の講座日もしくは講座名
④問い合わせの場合はその内容
を書いて下記アドレス宛へメールしてください。

yumit1226@gmail.com

*メール送信後、3日以上経過しても返信が無い場合は、お手数ですが再度お問い合わせ下さい。(お使いのメールサービスやソフトの相性でこちらのメールが受信されない場合があります。)
*予約状況によりご参加をお断りするケースがございますのでご了承下さい。


■場所について

21日・22日は警固神社、23日は福岡ビル会議室と会場が変わります。それぞれの会場の都合で講座時間が違いますのでご注意ください。

*警固神社…福岡県福岡市中央区天神2丁目2-20
 MAP→★(click)

*福岡ビル9F会議室…福岡市中央区天神1-11-17
 MAP→★(click)



■その他

*当日は実践も行いますので動きやすい服装でご参加下さい。
*講座は長時間の座学となります。簡易的なクッションやブランケット等をご持参されることをお勧めします。



■講師プロフィール

伊藤雅之
teacher_img_03.jpg1964年名古屋市生まれ。1998年、米国ペンシルヴァニア大学大学院社会学博士課程修了。社会学博士(Ph.D.)。日本学術振興会特別研究員(所属研究機関:東京大学大学院人文社会系研究科宗教学研究室)を経て、2001年より現職。日本トランスパーソナル心理学/精神医学会理事。国際宗教社会学会、日本宗教学会、日本社会学会ほか会員。

専門は宗教社会学。とくに現代世界に広がるスピリチュアリティ文化(ニューエイジ、ホリスティック心理学など)に関する研究をおこなう。個人的にも10代半ばより「精神世界」(人間性心理学、中国の老荘思想、インドのウパニシャッド哲学など)に関心をもち、瞑想や気づきのワークショップ、リトリートに多数参加。
2004年以降はアシュタンガ・ヨーガを実践する。IYC短期集中講座、ヨーガ禅道友会集中講座修了。2007年より横浜ヨガフェスタにてヨーガの哲学に関する講座を担当している。

おもな著書に『現代社会とスピリチュアリティ』(単著、渓水社、2003年)、『スピリチュアリティの社会学』(共編著、世界思想社、2004年)、『アジアのスピリチュアリティ』(共著、勉誠出版、2006年)などがある。また、『現代倫理学事典』(弘文堂、2006年)に「ヨーガ」「瞑想」「修行」の項目を執筆。監修に『現代人のためのヨーガ・スートラ』(グレゴール・メーレ著、産調出版、2009年)・『インターミディエート・シリーズ―神話・解剖学・実践』(グレゴール・メーレ著、産調出版、2011年)などがある。


category: yoga

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/1207-e749d318
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)