yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




『清洲会議』  

豪華キャストで埋め尽くされたこのポスター。
いつ見ても三谷作品の豪華さは半端じゃない。


『清洲会議』
2013062905481001d.jpg

三谷幸喜がおよそ17年ぶりに書き下ろした小説を自ら映画化した群像喜劇。
本能寺の変で織田信長が亡くなった後 織田家後継者と領地配分を決めるために 
柴田勝家や羽柴秀吉らが一堂に会した清須会議の全容を描く。


時代劇を意識してか いつもの三谷作品みたいなドタバタコメディじゃないけど
登場人物の人間臭さがコミカルで そこにクスリと笑いが漏れる軽快なタッチがいい。

同じ三谷作品の『新撰組』のように重苦しく行き詰まる雰囲気はないので
2時間以上の長尺ながら最後まで飽きることなく楽しく鑑賞できた。

上が下を下が上を牽制し睨み合い騙しぬこうと企むさまは
端から見ているとおもしろいが 決して正義がかつとは限らない。

今も昔もこの国を動かす人たちは闘うことが強いのではなく 
いかに先見の明があるか いかに頭の回転が速いか そしていかにずる賢いか そこが鍵となる。

今作では秀吉の頭のよさとずる賢さがずば抜けて際立っていた。
じゃないと下層民から天下人まで上りつめるなんてありえないよね。

三谷幸喜が想像力を働かせ個性豊かに描いた戦国武将たちひとりひとりが人間味に溢れていて
歴史好きはもちろんそうじゃなくても楽しめる作品だろう。

色恋沙汰もちらほら。
むさ苦しい戦国武将たちにもこんなかわいらしい一面があったんだ笑…とちょっぴり親近感が湧く。

ひとつ。
登場人物の説明がないまま話がどんどん進行していくので
誰が何の役なのか…くらいは頭に入れて観ると筋道から逸れずに話の中に入っていけると思う。


…小説も読んでみたくなりました。


category: movie

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/1203-a2f6079b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)