yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




Nancy Intermediate Adjustment Clinic  

ナンシー先生のプライマリーアジャストメントクリニックがUNIVAで開催されたのはちょうど2年前のこと。

そのとき私は初めてナンシー先生と出会ったわけですが
知り合ってたった2年しか経っていないのが不思議なくらい
それ以降のナンシー先生や恵子さんとの関わりは私にとって深く大きなものとなっています。


今回は2年前のつづき
インターミディエイトのアジャストメントを沖縄で5日間しっかり学んできました。


初日はナンシー先生体調不良のため 恵子さんとツトム先生から指導を受けることに。

IMG_3348.jpg


小柄な恵子さんだけどマウイではいつも大きな男の人たちをアジャストしているだけに
そのサポートは素晴らしく的確で安定しています。

ツトム先生はダイナミックなサポートの中にも繊細な柔らかさを感じます。
そのバランスがとても心地よい。

アジャストを行う側がいかに怪我をせずに 
もちろんアジャストを行う方に対しても怪我をさせることなく
お互いが安全な状態でいることの必要性とその対処法を
2人の先生から教えていただく贅沢な第1日めでした。



2日め以降はナンシー先生も戻っていらして
午前中はマイソールクラス 午後はアジャストメントクリニックが行われました。

ナンシー先生のマイソールクラスは楽しくエネルギーに溢れた練習ができるせいか
全く疲れないし逆にその後とっても元気になります。


65歳という年齢を感じさせない力強いアジャストメント。

IMG_3376.jpg



アジャストメントに関してはまず「アシュタンガヨガ」としての方向性を細かく検証しながら
ひとつひとつのアーサナに対する理解を深めていきます。

無理に開いたり伸ばしたり曲げたりするのではなく どこをどう使うことに意味があるのか…
それを理解することで自ずとアジャストメントの方向性も決まってきます。

IMG_3183.jpg


さらにナンシー先生は1人1人の身体の癖をしっかりと見抜き 
それを正すためにさまざまなアドバイスも行ってくれます。

それは身体を痛みから遠ざけるため。

健康で快適な状態での練習や日常生活を行えるよういつも気を配ってくださる…
心と身体のプロフェッショナルなアドバイザーとしても先生のことを心から信頼しています。



クリニックの最中もグルジに関する興味深いお話で笑いが耐えません。

ナンシー先生は常に
グルジがこうやっていた。
グルジがこう言っていた。
とおっしゃします。

当時グルジが伝えていたことをなんの色づけすることもなく
グルジから教わったとおりの「そのまま」を私たちに伝えてくれる…

アシュタンガヨガを練習する私たちにとってそれはとてもありがたいことです。

いつの間にか間違った方向に進んでいた自分自身に気づかされ
迷いながら行っていた練習にひとつのくっきりとしたラインが見えてくるのです。

ナンシー先生の指導を受けるたび
グルジが伝えようとしていたアシュタンガヨガとはいったいどのようなものだったのか…
そのことについて深く考えさせられ その片鱗に触れる喜びに満たされます。


IMG_3349.jpg


今回のクリニック参加者は日本からそして世界から集まりました。

ベルギーのフランチェスカや香港のグレッグ&ティン。

最終日にはみなすっかりうちとけ 英語の飛び交うインターナショナルなクラスを楽しみました。
(そしてまた英語を勉強しなきゃと急き立てられたわけですが笑)


IMG_3372.jpg


実り多き5日間は瞬く間に過ぎ去り 今はすっかりいつもの日々に戻っています。

次の再会はいつだろう…。

たくさんの出会いと別れを繰り返しながら着々と時は刻まれていきます。

もう11月…今年もあと2ヶ月ですね。



category: 沖縄2013

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/1200-82b44838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)