yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




MAUI DAYS ② 〜初練習@House of Yoga and Zen  

【8月22日】

マウイ2日めの朝は鳥の鳴き声で目を覚ます。

この鳥の鳴き声が異常にでかい。
屋根の上に止まって鳴いているらしく 部屋全体に響き渡る。

どんなやつか見てみたかったけど私が外に出た途端逃げるに決まってる。
いつか正体を突き止めてやろう。


この日はナンシー先生のシャラで初めてのクラスを受けることになっていた。

幸いなことに前日の疲れはさほどない。

シャワーを浴びちゃちゃっと身支度を済ませると マットとラグを抱えて家を出る。

家からまっすぐ坂を上ったところにナンシー先生のシャラがある。
歩くと5〜10分くらいかな。

マウイは大自然の島なので信号も少なければ標識などの目印も少ない。

ナンシー先生のシャラの目印はこれ。




道路脇にちょこんと立つ郵便受け。
わかりにくい笑。

番号をしっかり覚えておかねば。

ここから中に入ってずんずん奥に進んでいくとすぐに見えてくる憧れのシャラ。

“House of Yoga and Zen”



ここでナンシー先生は何十年もアシュタンガヨガを教え続けてきたんだな。
神聖な場所にたどりつき胸が熱くなる。

中にはすでに何人かの生徒さんが来ていて マットの上に静かに座っていた。
ほとんどが地元の方かな。

どこか懐かしい古い木の香りと穏やかな空気が漂う。

前日偶然顔を合わせていたアシスタントのケイシー先生にクラス料を支払い
マットを敷く場所を探す。

木曜日はレッドクラスとマイソールクラスの合同クラス。

レッドクラスはシャラの前方に マイソールクラスはシャラの後方にマットを敷くシステムだ
ということを あらかじめ恵子さんに聞いていたので
マイソールクラス希望の私たちは後方にマットを敷く。

少ししてナンシー先生が入ってこられた。

目が合うとにこり。
覚えていてくれた。うれしい。

そのまま静かに呼吸を整え合図とともにゆっくりとマットの前方へ。

チャンティングは全員一緒に唱える。

チャンティングが終わるとレッドクラスの人はケイシー先生のカウントとともに動き
マイソールクラスの人は自分のペースで練習を進め ナンシー先生のアジャストを受ける。

うーん なんとも不思議な感じ笑。

ケイシー先生の英語が流暢だなとか(あたりまえ)あーそんなふうに説明するのね…とか 
初めはどうしてもレッドクラスの方に耳がいってしまいなかなか自分の練習に集中できなかったけど
次第に内側から熱が湧いてきていつもの集中が戻ってきた。

久しぶりに受けるナンシー先生のアジャストは
いつもと変わらずあたたかくて優しい。

隣で練習する友だちは 実は身体が万全ではなくところどころに痛みや障害を抱えてるんだけど
その状態をすぐに見抜いたナンシー先生。
どのようにしたら安定した状態で練習できるかいろんな方法を熱心にアドバイスしてくれる。

そんな繊細で女性らしい指導に心惹かれたのが ナンシー先生を大好きになったきっかけだったな。
それが2年前のこと。

以前も書いたと思うけど 
ナンシー先生は身体や心に何かしら障害を抱えた人に対するケアがほんとに素晴らしい。
何度もそういう人のところへ行って抱えているものが少しでも楽になるようにケアする。

逆に何もない人のところへはそんなに行かない。
今回も私へのタッチは少なかったから私は大丈夫だということ笑。

そうそう 大切な初練習を阻害する事件がひとつ。

クラスが始まった途端シャラ内に響き渡る呼吸音。
ゴーッゴーッという いびきよりもさらに上をいくバキュームカーを連想させる大音量。

だ だいじょうぶか?
音が大きいだけでなくとっても苦しそうだ。

ところが 先生たちも練習生もみなこれには慣れている様子で誰もこの呼吸音に構う様子なし。

あとで恵子さんに聞いたんだけど
呼吸音の彼はハリーと言ってシャラと同じ敷地内に住む男性。練習歴は長いらしい。

毎回クラス開始ギリギリにシャラにやってきて後方端にマットを敷く。

恵子さんが後方端は必ずマットを敷く人が決まっているのでそこには敷かないように
とアドバイスをくれてたのはこの彼のことだったんだな。

最初の頃はナンシー先生も一生懸命その呼吸法を直そうと頑張っていたけど
ナンシー先生でもどうにもならないこともあるらしく 今はそのままにしているとか。

そして残念なことに彼のマット…というかその上に敷くラグがとても臭い涙。

彼は私の隣の隣だったんだけど 強烈なラグ臭は私の鼻先にまで存分に届いてきた。
隣で練習する友だちはさぞ強烈な刺激臭に辛い思いをしたことだろう。

彼が超スピーディな練習を終えシャラから出て行った後は その刺激臭も大音量の呼吸音も消え
静かながらも熱を帯びた空間が戻ってきた。

緊張と喜びと刺激臭と大音量が入り交じったなかなかに楽しい練習を終了して
シャバーサナから起き上がるとナンシー先生が近づいてきた。

ハグをしてご挨拶。

この瞬間がたまらない。

どきどきと胸の高まりを押さえきれないまま帰路へつく。
ありがたい1日のはじまり。





category: MAUI 2013

コメント

おぉっ、イイねっ!

イイねっ、マウイ。


夏も終盤、空いてるんだろうなぁ。

マウイってヨガの聖地かなんかでしたっけ?


ファンボードの聖地だとは知ってましたが、、


どうぞ有意義なマウイステイを!


Hang Loose!

URL | むさしのヨギ #qbIq4rIg
2013/08/26 20:50 | edit

Re: むさしのヨギさんへ

マウイ…確かにごみごみしてないです。というか日本人が少ない。
ここはサーフィンしに来る人が多いようですが、ヒッピーもたくさんいてその影響かヨガスタジオもちょこちょこ見かけます。
マウイデイズ満喫してきます。ありがとうございます★

URL | yumi #-
2013/08/27 18:29 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/1156-7d797962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)