yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




『華麗なるギャツビー』  

今朝B長から
「yumi先生いつの間にかブログ更新しとったや〜ん。
休んどう間もちゃんとチェックしよったとよ。楽しみが戻ってきてよかったー!」

と励まされ

Rちゃんからも
「yumi先生の映画とか本とかについて書いた文章が好き♡」

とおだてられ

ちょっと前までは めんどくさいな。やめちゃおっかな。もう必要ないかな。
なんて思ってたブログだけど
しばらくは楽しみながら続けてみよう。

そう思った単純な私…笑。

人の心は容易く移ろうものなのデス。


今日は映画鑑賞したので早速感想でも書いてみるかな…と思ったものの 
最近文章とがっぷり四つに組み合ってないもんで文章体力がありません。

なので 今回は映画そのものというより私の偏った趣向をトピックに書いていきます。
(Rちゃんごめん)


鑑賞作品は『華麗なるギャツビー』



ディカプリオ主演作とあってずいぶん前から話題になってたけど
私のお目当てはギャツビーが恋する女性を演じるキャリーマリガンのほう。

めちゃめちゃキュートでかわいい!

ので レオさまには全く目もくれず(ごめん)彼女に釘づけの2時間半でした。

数年前のアカデミー授賞式での彼女のベリーショートヘアは
これぞ私の理想!と感銘を受けたほどスーパー素敵ちゃんだったんだけど (その時の写真→click)
今回のショートボブの悩殺的な美しさには もう目を細めてうっとりと見つめるしかない感じ。



ただね…

蒼井優ちゃんがベリーショートにした瞬間「この髪素敵!」と飛びついて
「この髪型にしてください!」と若き多くの女性が美容院に殺到したこのご時世…

私はだてに年を重ねちゃいませんよ。
自分のことは充分理解しております。

まず髪質が明らかに違う泣。
さらには土台となる顔のパーツが100%違う泣。

なので そんな美容師泣かせのことはいたしません。

鑑賞して楽しむにとどめておきます涙。


舞台は1920年代のアメリカ
華やかでありながらも暗い影の忍び寄るアンバランスな世界がうまく表現されてます。

豪華絢爛な衣装は目がチカチカするほど派手だけど見応えあり。

最後は虚無感に包まれる人間模様の描き方も素晴らしい。

いろいろな批評があるようだけど
私はディカプリオのギャツビー 悪くないなと思いました。

キャリー以外にもいろいろな視点から楽しめる作品です。


category: movie

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/1094-4ea87447
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)