yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




『レ・ミゼラブル』  

お正月に映画を観るのは 実は初めてのこと。
今年のお正月は普段と変わりない日常のつづき…だからこそちょっとした特別をそこに感じる。


『レ・ミゼラブル』


文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説を基に 世界各国でロングラン上演されてきたミュージカルを映画化。
『英国王のスピーチ』でオスカーを受賞したトム・フーパーが監督を務め
貧しさからパンを盗み19年も投獄された男ジャン・バルジャンの波乱に満ちた生涯を描く。


前評判も高く予告を観ただけで幾度となく涙が溢れ出そうになっていた今作は
その期待に応える…いや応えるどころかはるかに上回る 素晴らしい作品だった。

船をひく男たちの迫力ある歌声で始まるオープニングからいきなり 
その圧倒的な映画力で否応なしに作品の中へと引きずり込まれる。

魂が震えるってこういうことをいうんだな…
と 鑑賞中何度もその感覚を体感し 3時間近い時間を長いと感じる余裕すらなく
身も心もどっぷりとその世界に心酔しきった。

すげーよヒュー・ジャックマン 
すげーよアン・ハサウェイ 
すげーよラッセル・クロウ
すげーよ出てきたすべての役者さん 子どもから大人まで メインキャストから端役まで…

すげーよすげーよ…と 何回「世界陸上」の織田裕二が出てきたことか。 

みな歌の上手さが半端ない。
ミュージカル俳優ならまだしも 
第一級の映画作品に出演するそうそうたる俳優陣の 歌唱力の驚くべき精度の高さよ。

そして何より

すげーよトム・フーパー。

『英国王のスピーチ』に続いてまたもや歴史に残る凄い作品を作ってしまった。
まだ若いのに何たる才能。

彼はミュージカル映画としては異例の 
撮影現場でピアノ伴奏に合わせて歌うライブレコーディング方式を選んだ。

舞台のキャリアがある俳優たちを集め 
俳優たちの高ぶった感情を見事に映画として切り取ってみせている。

途中何度も何度も心の中で小さな拍手喝采を繰り広げる自分。
(これがもし本物の舞台だったら 途中でも遠慮なく拍手 
もしくはスタンディングオベーションだってしてたかもしれない笑)

時に痛快 時に苛立ち 時にはらはら 時にほっと胸を撫で下ろす。
時にせつなく 時にときめき 時に潤い そしていつしか止めどなく溢れ出す涙。

この世には 善と悪 罪と罰 そして赦し 執着と解放 愛と憎しみ…
さまざまな表裏が存在し そのどこに真実があるのか
人間だったら迷い彷徨い苦悩する時が必ずある。

そのとき 自分を支える指針となるのが自分自身。
つまり自分とはいったい何者か…というアイデンティティだ。

主人公は人生の荒波の中で常に自分自身を模索し続けてきた。
それは誰よりも激しく厳しい探求の旅。

彼の最期に 彼の生きざまのなんたるかを見せられ
3時間近く震え続けた私の魂はさらに大きく揺さぶられた。


…日本語版『ああ無情』をもう一度読み返してみようと思ってる。
そしてきっと映画館にもう一度足を運ぶだろう。

私だけでなく多くの人が映画館に何度も足を運び(すでに運んでいるが)
そしてその先にたくさんのオスカーが輝いて見える。

2月のそのときが楽しみですね。


category: movie

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/1059-68d9e937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)