yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




『悪の教典』  

感想を描いては消し描いては消し…
鑑賞してから幾日過ぎたことか。

映画レビューは描けるときはささっと描けるのに ダメなときは全くダメ。

今夜もなかなかうまく表現できずにPCの前でもがいていると 

そんなときは描かんでいいとよ。
自分の心の中にとどめておけばいいとよ。

と かりんから大人~な発言をされた。

そやね汗。
無理することないよね。

子どもたちから日々いろんなことを教わる母であります涙。


『悪の教典』


ハスミンというニックネームで呼ばれ 
生徒たちから圧倒的な人気と支持を集める高校教師・蓮実聖司。
生徒だけでなくほかの教師や保護者も一目を置く模範的な教師だったが
その正体は他人への共感や良心を持っていない反社会性人格障害者であった。
学校と自身に降りかかったトラブルや障害を取り除くために
平然と殺人を犯しては校内での地位を強固なものにしていく蓮実。
しかし ささいなミスから自身の凶行が知られそうになってしまう。
それを隠そうと悩んだ彼が導き出した答えは クラスの生徒全員を殺すことだった。



かりんのクラスでは今作がかなり話題になっていて 観たい人が多いらしい。
ろっちも観に行きたいと。

R15指定だから中学生は無理なんだけど 
でもきっと何人かは年齢を偽って観に行ったりするんだろうな。

伊藤英明が好きだから…って中途半端な気持ちで観に行くと大やけどするよ。

伊藤英明の怪演が素晴らしすぎ。
高校生もみなよかった。
吹越満の不気味さもさすが。

ブログを遡ると原作は1年半前に読んでいた。
かなりの衝撃をうけ そのときも感想がうまくまとまってない。

今回の感想もやっぱりまとまらないので
かりんの助言通り心に留めておくことにしよう。





今作は容赦なく血が飛ぶ惨殺劇。

倫理的にどうこういう人は最初から観に行かないほうがいいです。
エンターテイメントとしてこういう世界も存在するのだと割り切って観に行くのがベター。

category: movie

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/1022-aa38a7e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)