yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




TOKYO DAYS...南インド料理  

今回の東京行きで楽しみにしていたことのひとつが
“南インド料理を堪能する”こと笑。

昨年のインド滞在以来 インドの食べものが恋しくて仕方がない日々を送っている私。

特に そのときの滞在先が南インドだったため 
南インド料理を食べたくて食べたくて 近辺をいろいろ探しまわったのだけど
私の住む福岡は南インド料理のお店が少なく あったとしても味がいまいちだったりで
なかなかインドの味にありつけないまま1年が経とうとしていた。

東京1日めの夜何が食べたいか聞かれて真っ先に南インド料理をリクエストしたら
インド料理の達人えみさんが一番にお勧めしてくれたのがこのお店。

シリバラジ


店内はピンクの壁がかわいらしいフレンドリーな雰囲気で
インドの食堂っぽい感じがいい。

私たちが行ったときはまあまあお客さんがいて席が埋まっていたにもかかわらず
4〜5人いるスタッフはそんなに忙しくなさそうで
壁掛け式の大きなテレビで放映されていたインドドラマに釘づけだった笑。

そんなとこもインドらしくていい。


夢にまで見たドーサ!
その名もマイソールマサラドーサ。


マイソールで食べたドーサの味そのもで その美味しさに涙。


レモンライス。


これも現地の味と全く同じ。


トマトライスとオクラカレー。


…。
言葉なし。


えみさんいわく 
ここの食材はすべて現地から調達してるので 本場そのものの味が再現できるんだと。

なるほどね。
だから何頼んでも美味しい訳だ。

料理もおいしければ話も弾むわでついには白ワインをボトルで頼む石山係長。
(係長と呼んでるけど本職はカリスマ美容師っす!)


インド料理を食しながらワインを飲むとは思わなかったなー笑。

いやそれ以前になぜインド料理店に白ワインが置いてあるのかそれが不思議なんだけど
まー 美味しかったしあまり深くは追求しないでおこう。


料理を目の前に写真を撮ればよかったのに あまりの美味しさに食べることに夢中になりすぎて 
写真を撮らな!と気づいたときはすでにお会計のとき笑。



帰り際 スタッフから呼び止められくじを引くようにすすめられる。

え?くじ?

えみさんがプロフェッショナルなヒンディー語を駆使してやりとりしてくれたおかげで
このくじの一等がインドペア旅行いうビッグプレゼントだということがわかった。
(いやよく見ると箱にそう書いてある…)

それを聞いて俄然目つきが変わる3人笑。

インドに行きたい!
そう念じながらこの手作り感溢れるユーモアたっぷりのくじ箱から一枚づつくじを引いた。


くじを引いて即結果がわかるかと思いきや
その場ではスクラッチを削らされ 運が良ければアイスクリームやジュースが当たるとのこと。

インド旅行への挑戦はもう一段階手順を踏まねばならず
そのくじを半分にきってその半券に住所と名前を書いて再度箱の中に放り込み
後日その中からスタッフだか店主だかが一枚券をひいてそこで初めて当選者が決まるという。

めんどくさすぎ。手間ひまかけ過ぎ。

住所と名前を書くとき英語で書くの?と聞いたら 日本語で大丈夫と言われ
漢字じゃないほうがいいよね?と尋ねると 漢字で大丈夫と大きくうなずくスタッフ一同。

ほんとか?笑

ま いいや。
インド旅行が当たりますように…
気長に年末を待つとしよう。


東京滞在最終日
石山係長がお昼一緒に食べよーと声かけてくれたのでありがたく応じ
何が食べたい?と聞かれたのでまたしても南インド料理と即答・笑。

また!?とあきれられたが
またなのです・笑。

普段食べられないだけにここではしっかり味わっておきたい。

今回はヒデキングおすすめのお店を私からリクエストして連れて行ってもらった。

ダバインディア


店内は“青の洞窟”と呼ばれているその名の通り 深くて青い穴の中のようだった。

お昼時だったせいもありサラリーマンやOLさんでにぎわっていて
スタッフの身のこなしも機敏でスマート
どこかしら洗練されたイメージが漂っていた。

ヒデキくんからはバナナの葉に乗ったダバミールスを注文するよう口酸っぱく言われていたけど
私はやっぱりここでもマサラドーサ笑。


野菜カレーとココナッツチャツネどちらも美味しくてあっという間にペロリ。

これもマイソールで食べた味と同じだった。
かなりレベル高いお味。

食後にチャイかラッシーか迷ったけどここはチャイで。



この泡立ちは サービスのときにインド方式でとっても高い位置から小さなコップめがけてチャイを注ぐ…
というパフォーマンスによって生み出される。

まさかここでそれが見れると思ってなくて完璧に油断してたため
写真はないです…汗。


今回堪能した南インド料理はこの2軒だけだったけど
どちらも納得&大満足の素晴らしさで 私の南インド食への強い想いはずいぶん満たされた。

…はずなんだけど もっと時間があって胃袋の準備ができていればさらなる味を追求したかったな。
ま それは次回のお楽しみにとっておこう。

今回の味紀行で また東京に行きたい…という沸々とした想いは
南インド料理を食べたいという欲望と密接につながってしまいました笑。

category: trip

コメント

東京また行きたくなってきました

9月上旬にアーユルヴェーダの診断受けに東京へ行ってきてしまっていた私にとって、先生の情報は身もだえもんです。また東京行きたい。南インド料理。でも、先生の心をそこまでとらえたインドにもますます興味が・・・

URL | Satoko #iw8z/b5M
2012/10/08 01:13 | edit

Re: satokoさんへ

アーユルヴェーダ診断いいなー。私もとっても興味があります。
また東京へ行った際は南インド料理を堪能してきてください。
機会があればぜひインドへも…♪

URL | yumi #-
2012/10/10 19:10 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lifewithyoga.blog45.fc2.com/tb.php/1004-ffab73dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)