yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




『かぐや姫の物語』  

竹取物語は教科書レベルでしか読んだことがなく
知識としては絵本レベル程度。

昔話の中で特にかぐや姫が好きだった訳でもないのに
それがジブリ作品となると話は別。


『かぐや姫の物語』
kaguya2.png

高畑勲監督14年ぶりの監督作品。
日本最古の物語といわれる「竹取物語」を題材に
「罪を犯したためにこの地に下ろされた」とされてるかぐや姫の犯した罪 
そして 罰とは何かを描き出す。



第一印象は
とにかく絵が美しい。

まるで日本画や水墨画を思わせる水彩画タッチの描写は
輪郭線がないせいかその世界が無限の広がりを見せていく。

背景とキャラクターが一体になって 
日本古来の浮世絵や絵巻が動き出したようなそんな感覚に陥る。


登場人物はみな原作以上に魅力的に描かれていて
描写はもちろんのこと その声が驚くほどキャラクターにぴったりで素晴らしい。

特に翁役の故・地井武男さん。
彼の声が絞りだすように姫へ向かって伸びていくさまに 何度も何度も胸を締めつけられる。


かぐや姫について…

本来のかぐや姫は言葉数が少ないせいか感情そのものがわかりづらく 
お人形さんみたいでいまいち面白味がない。

これまで彼女に対するイメージはまあこんな感じだったのだけど

今作のかぐや姫は一転 よく喋りよく笑いよく駆け回り…
こんなにも生き生きと感情豊かなかぐや姫は初めてだった。

運命をそのまま黙って受け入れる昔話の姫ではなく 
自分の意思をしっかり持って行動する目力の強いかぐや姫。

ジブリの主人公らしくてすごくいい。


今作はわらべうたが効果的に使われている。
「姫の犯した罪と罰」のヒントがここにある。

不安定な和声音がゆえに哀愁を帯びた世界観を彩り 
その音と詩に心が切なく揺さぶられてしまう。


さらに今回も「生きる」ことに対して深く考えさせられる。
ジブリにとって生というものこそが かけがえのない普遍的なテーマなんだと再認識。

ともすれば陰鬱になりがちなかぐや姫の世界…
今作は日本の文化や美しさを全面に押し出し 重くなりすぎない展開に救われる。

日本の古典とジブリが融合した秀逸な作品です。


category: movie