yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

『永遠の僕たち』  

行きつけの美容室でアシスタントをしてる男の子が勧めてくれた映画。

「この作品に出てくる女の子の髪型がすごくかわいいんです」

その髪型はおススメどおりベリーキュートで
物語のしょっぱなからあっという間に釘づけでしたけど笑
キュートな髪型の女の子を含めた出演者全員が魅力的な雰囲気をまとい
映画そのものの世界観も独特で とっても素敵な作品でした。


『永遠の僕たち』


両親を亡くし“死”というコンセプトにとりつかれた男の子と
末期がんをわずらい余命3ヶ月と告げられた女の子のラブストーリー。


死をテーマとしながらも決して大げさな描き方をせず
シンプルにかつ上品に綴られている本作。

さりげない音楽とさりげない会話は 無駄に感傷的な気持ちを誘発することなく
リアルな孤独とリアルな喪失感を丁寧に描いていました。

今作で特に際立っていたのが 男の子の唯一の友だちとして登場する加瀬亮の存在。

バイリンガルの彼が発する言葉は
「英語」として認識するのが申し訳ないほどすでに「日常」と化していて
「言葉」そのものが全く気にならないくらい自然体でそこにいることが素晴らしかったです。


監督は『マイ・プライベート・アイダホ』や『グッド・ウィル・ハンティング』『ミルク』など
優れた作品を世に送り続けているガス・ヴァン・サント監督。

私この監督さん好きで彼の作品結構たくさん観てるのに
なぜこんなに素敵な作品見逃してたんだろう…。

ということでこの鑑賞はDVDです。

抑制の利いた演出がテーマの余韻を深く長くそこに留め
心も一緒にしばらくそこに佇んでいました。


スポンサーサイト

category: movie

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。