FC2ブログ

yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




王さんのミュージアム  

梅雨明け後に私を襲った怒涛の日々は
自分が予想していた以上にかなりハードなもので
身体だけでなく精神的にも余裕のない毎日を過ごすといった 
これまでとは一風変わった夏。

夏休みに入ったというのになかなか家にいない状況を
快く理解してくれる家族に感謝。

そんな毎日もようやく落ち着きを取り戻し
ふわふわと掴みどころのない私の心もどうやら元の場所に戻りつつある。


昨日はほったらかしにしてた子たちと久々におでかけ。

王貞治ベースボールミュージアム


どんだけ野球が好きやねん!?って話ですが…

ヤフードームに併設され7月にオープンしたばかりの記念館。
(近場で済ませようとの魂胆見え見え)

こちらのエスカレーターに乗って館内に入ります。





入ってすぐ目に飛び込んでくるのが
王さんの実家「中華料理 五十番」の店構え




中に入ると王さんの生い立ちやら家族のことやら
王さんが育った時代背景やらが いろいろと展示されている。

レトロな昭和をじっくり見たい母とはうらはらに
我先に進みたい子達。

早くもペースに差が生まれる。





昔ながらの駄菓子屋&おもちゃ屋で足が止まる2人



やはりツボはここか…。

こんなん見つけた~



これ小学生のとき真剣に欲しかった。(あ 年がバレる)
今見てもかわいすぎる…


三ツ矢サイダーも息の長い商品だね。




王さんの歴史コーナーを通り過ぎると お次は記録コーナー。



信じられないほどたくさんのトロフィーや楯や賞状の数々。

王さんの偉大な功績が目にまぶしい。


さらに奥にはちょっとした遊びの場もあって
そこではピッチャーが実際に投げる球の速度を体感できたり
盗塁するランナーがどれくらい1塁ベースから離れてるのか確認できたり。

プロのすごさを思い知らされる。
(馬原の151kmは当たったら骨折どころじゃ済まないよ…。)

ろっちは真っ先に川崎が盗塁する際のリード位置に立ち
必死の形相で1塁ベースに手から戻るといった白熱のプレーを展開…

衝撃のヘッドスライディングで周囲の失笑を誘う。
(だれも牽制してませんが何か…)


王さんの1本足打法を真似するかりん




ピッチングと



Tバッティングに



真剣に勤しむろっち。

心はすでにプロ野球選手…。



受付時に無料で貸し出してくれるiPhoneで合成写真を撮ったり
王さんにメッセージを送ったりと 
思った以上に楽しめる内容盛りだくさんで
結構長居できる穴場のレジャースポットだ。

iPhoneで撮った合成写真
“王選手をのぞき見るろっち”


↑ちょっぴりこわいかも…


心残りは お昼ごはんを済ませてきていたばかりに
ここでしか味わえない“五十番”の味を再現したラーメンを食べれなかったこと。

再び入館料まで払ってラーメンを食べに訪れる日は 果たして来るのだろうか!?

スポンサーサイト



category: baseball