FC2ブログ

yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




本は友達  

物語は、
私たちを現実には体験できない世界へと連れていってくれます。

また、現実を見るときの、
新しい見方に気づかせてくれることもあります。

(中略)

今まで知らなかった事実と出会うことも、
本を読む喜びの一つです。

(中略)

どの本の中にも、
開くまでは知らなかったさまざまな世界が待っています。

そこを通り抜けた後、
あなたの心には、どんな思いが広がっているでしょう。

(小学5年生国語教科書~銀河~「本は友達」より抜粋)





ろっちの日々の宿題に欠かせないのが 教科書の音読だ。

物語・説明文・詩などなど…
その時々でろっちが読む文章に耳を傾けていると
そこには感動があったり ハッと気づかされる一文があったり。

今回も 
人はなぜ本を読みたくなるのか
なぜ人にとって読書が大切なのか…という根本的な疑問に対する明確な答えが
家事をしながら何気に聞いていた私の胸に 突然突き刺さってきた。

なぜ私はこんなにも本に魅了されて止まないのか…。

小学生にもわかりやすい言葉と説明で
それはつまびらかに目の前へとやってくる。

そうだった。

私がむさぼるように本を読むのは
擬似世界を体験したかったり 新しい何かを発見したかったり
そうこうしながら 喜び・悲しみ・怒り・慈しみ・憐れみ・感動し…
と さまざまな思いに己の心を豊かに震わせたいがためだった。

“本は人生の肥やし”と言われるように
読めば読むほどその人の内側の世界が広がり
それと同時に外側の世界も広がりを見せていく。

本と上手く付き合いながら
深みのある人間へと成長し 心豊かな人生を送れたならば
それは何と素晴らしいことだろう。

スポンサーサイト



category: book