FC2ブログ

yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




「アリス・イン・ワンダーランド」  

昨日のつづき。

ランチ後 スポーツオーソリティにて買い物。

セール価格からさらにカード会員特典の割引が効くとあって
鼻の穴を膨らませながら掘り出し物探しに必死になる女子2人。

いや…その目はすでに女子ではなかった…。

同伴てんちゃんの戦利品状況はこちら→

スポーツオーソリティ…
今会員になると 定価商品もセール商品もその価格からさらに20%OFFです。
(5月末まで)

ひとところのショッピングで2時間もの時間を費やした私は
子たちとの約束を果たすため急いで家路へと車を飛ばす


公開前からかなり楽しみにしていた作品。

公開後ずいぶん時間が経ったけど 
ようやく子たちと観にいくことができた。

「アリス・イン・ワンダーランド」


消えるチェシャ猫や狂った帽子屋マッドハッター
三月うさぎに賢者の芋虫らが入り乱れる奇天烈な世界が
奇才ティム・バートンによって映像化された作品。

映像の賑やかさはさすがのティム・バートンで
色彩感覚の鋭さ・衣装・小物・背景などのこだわりようが
細部に至るまで感じられた素晴らしき映像美だった。

それに比べると ストーリーは非常にわかりやすくありきたりな感じで
ちょっぴり物足りなく思ってしまった私。

グロテスクでリアルな映像とシンプルなストーリーとのギャップに
少し違和感を覚えた。

小さな子どもにも理解しやすいように…との配慮なのか?

残酷なシーンも極力避けたように思われる。

子どもたちは素直に楽しめていたようなので
それはそれでよかったかも。



話題&期待のジョニー・デップよりも
赤の女王に扮したヘレナ・ボナム=カーターの圧倒的な存在感が光っていた。

ストーリーを重視せず
目の前に繰り広げられる素晴らしき色彩に満ちた幻想の世界に
ゆっくりと身をゆだねられるならば きっとこの作品を堪能できるだろう。

不思議な世界は不思議な世界のまま…

あれこれ理由を見つけたり あらを探したりしてはいけないのだ。

スポンサーサイト



category: movie