FC2ブログ

yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




忘年会①  

2009年もあとわずか。

今年もいろんなことがあったな。

たくさんの出会いと大きな変化…
そんな感謝溢れる実りあるこの年を忘れたくない私にとって
今回ばかりは「忘年会」という言葉に妙な違和感を感じてしまうのが事実。

他にいいネーミングないかな?


…念願のフレンチレストランKUROKIへ。

20091221004421

大きなガラス窓の一部が入り口になっている。
どこが入り口か迷うこと必至。

店内はシンプルでこじんまりしているから6人で貸切になった(ラッキーハート


前菜
20091221004420

料理が運ばれてくるたび シェフが早口ながらも事細かに説明してくれるんだが
何せ専門用語多し…(単に私が無知なだけなんだけど汗

プラス 美味しい料理を目の前にして完全に思考回路がストップした私。

なので今回は料理名を勝手に創作して解説していきます(あしからずぺこ


自家製パン
20091221002925

焼き立てにありつける幸せ。美味ピンクハート


ホタテと牡蠣とカブ(そのままやんけ)
20091221002924

絶妙のコンビネーションに一同大きくうなずきながらも
沈黙の中黙々と食す。


鴨肉のローストと野菜もりもりのサラダ
20091221002923

ジューシーな鴨肉といろんな種類の野菜がたっぷりのサラダは
ボリューム満点で一気に満腹度が増す。


きのこのリゾット 魚介のソース添え
20091221002922

たまらない美味しさ。


スパークリングワインに続いてブルゴーニュの赤ワイン
20091221002921



ローストビーフとグリル野菜
20091221002920

ローストビーフとは言うものの 明らかにその厚みはステーキ並だよ・・・。

一同言葉に詰まる。

日頃そんなにお肉をがっつくことのない私たちにとって
この牛肉の塊は胃に応える。

残すのが嫌いな私は ぜいぜい言いながらもなんとか完食。


デザート
アイスクリームといちご サイドにモンブラン
20091221002919

最後に来たね やっぱり栗栗
私の栗引き寄せは いったいいつまで続くのか…。


おまけのデザート
フォンダンショコラ
20091221002918

粉を使わないシェフ自慢のフォンダンショコラ。

その濃厚で滑らかな味わいに一同舌鼓を打つ。


美味しい料理とお酒に会話も弾み
みんなで今年を振り返ったり来年の抱負を語り合ったり…。

楽しいひとときを過ごす。


…とここでなぜかシェフが話に加わり
いきなり自分の波乱万丈な人生を語りだす(なぜ?)

彼は東京で10年間厳しい修行を積み さまざまな人生の苦悩を味わうも
福岡に戻り 30代前半にしてこの店をオープンさせる。

一人で店を切盛りする彼は 料理に対する愛情一筋に努力を重ね
いつしか予約を取るのが難しいほどの人気店を作り上げる。

そんな彼は自分におごることもなく
(もちろんかなりの自信家であることは間違いない
常に周囲に対する感謝を忘れない。

自分を熱く語るシェフは 間違いなく九州男児であり誠実な料理人でもあった。

初めは興味深く彼の話に引き込まれていた私たちも
だんだん 「この話はいつ終わるんだろうか」…と
感情を高ぶらせ切々と語りつづけるシェフにいささか不安を抱く。

初対面の客にここまで自分の人生を赤裸々に語っていいの?と心配しつつも
その内容がとてもポジティブで そこにヨガ的なものさえ感じたので
逆に彼から勇気ややる気をいただいた私たち。

新しい年に向かって自分を奮い立たせるいい発奮材料になりました。

KUROKIシェフありがとう。


次はランチにここを訪れたい。

ディナーと同じくランチでも満腹になること間違いなしだよハートありがとう

スポンサーサイト



category: cafe&restaurant