FC2ブログ

yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




2009年総括  

大げさなタイトルですが
今年最後の今日 単純に2009年を振り返ってみるだけのこと。

今年は私にとって”挑戦と発展・繋がり”の年だった。

ヨガに関することからいくと
代行レッスンを行ってきた立場から
新たに固定クラスを持たせてもらう立場への発展。

そこに生まれたのが新たなる挑戦。

一つのクラスを持つことは 
そこへ定期的に通う生徒さんの成長をじっくり見守ることができる…
という喜びを味わえる。

と同時に レッスンに関してはこれまで以上にシビアに評価されることになるから
自分だけでなく生徒さんにも納得してもらうレッスンを行わなくてはならない
という厳しい側面も併せ持つ。

自分なりのレッスンをどう確立していくか…。
試行錯誤を繰り返しながらの挑戦。

最近なんとか自分のスタイルのようなものを作れつつあるが
生徒さんの温かい見守りがあったからこそのものであって
そこを感謝することなく通り過ぎることはできない。

この年齢になってこんなチャレンジが待っていようとは夢にも思わず
厳しい壁ではあったが嬉しい誤算でもあったことのひとつ。


ヨガスタジオだけでなく
集会所やレンタルスペースを借りてヨガを教え始めたのも発展。

それらすべてが周りの人たちの尽力によって形になったもの。
ここにも多くの感謝の気持ちが存在する。

それまでアシュタンガヨガしか知らなかった私は
他のヨガも積極的に学び始め
ヨガの新たな世界・新たな魅力に気づいていく。

頑張って上へ上へと進むアシュタンガと違って
リラックスしながら楽しく気持ちよくやっていく普通のヨガは
頑張り過ぎないことの大切さを私に再認識させてくれたし
そこで出会う生徒さんとの交流も 私を更なる成長へと導いてくれるものだった。

昨年ヨガインストラクターとしての道を歩み始めたことからして
自分にとっては予想外の出来事であって
そこに多くの喜びや幸せが待っていたこと
さらにヨガやそれを取り巻く人々の存在に感謝せずにはいられない。


ヨガを通してたくさんの繋がりができた1年でもあった。

新たなレッスンを通して知り合うことのできた生徒さん。

それまで同じヨガを主として練習を行ってきたアシュタンガ練習生でありながら
お話すらしたことのなかった人たちとの交流。

新しい先生との出会い。

この1年で培われたそれらの繋がりは 
これまでの人生の中でも 最も広く最も深いものばかりで
2009年の人間関係の素晴らしさを感じざるを得ない。

もちろん いいことばかりの人間関係であるはずもなく
そこには葛藤や悩み・不安・恐れも存在した。

だけど 今年はそこから逃げることなく
立ち向かう勇気を自分の中に呼び起こした。

まだまだ…の部分は多々あるけど
自己を少しづつ解放しながら 自由なポジションを模索している段階。

ヨガとともに
もっと自由でもっと楽な自分を見つけていくのが今後の楽しみでもある。


ヨガを離れてみると
(もしかしたらこれもヨガと繋がってるのかもしれないけど)

ブログを始めたことがもう一つの挑戦。

それまでまさか自分がブログをするなんて考えもしなかった私に
一石を投じる意見でブログ開設へと導いてくれた姉の存在は大きい。

彼女の行動力に引っ張られるようにして進んだ2009年前半。

ここまで無我夢中にブログを続けてきたが
いつの間にかこのブログを通して 思いもよらない繋がりが構築されていた。

ブログがなかったら 
私の生活はこれほど満たされたものへと発展はしなかっただろう。

いつもブログを覗きに来てくれる方々 
勇気を出してコメントを書いてくれる方々
この場を借りてお礼を言わせてもらいますね。

どうもありがとう。
いつも励まされています。


あまりにも多くの出来事が私の周りで起こり
それに伴い私自身も大きく変化していった2009年。

それは私の人生におけるターニングポイントでもあると確信している。

新しく迎える2010年はこれらの発展や繋がりを 
どのように実りあるものへと変えていけるか…。

これが私の新しい年へ向けての課題だ。

2010年を更なる期待を持って迎えたい。

category: life