FC2ブログ

yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




落ち着く場所  

最近家の中でかりんの姿が見えなくなるときがある。

そんな時はたいてい我が家の図書室(←私が勝手に命名した)
にこもっていることが多い。
床から天井まで高さのある壁面本棚が置いてある部屋。

同じ部屋にギター2本やアンプなど楽器関係のものが置いてあるため
旦那いわく
「俺のギター部屋」

旦那の落ち着く場所はここ。
ヒマさえあればこの部屋にこもり ギターいじりに余念がない。

宝くじが当たったら…という話題でいつも盛り上がるうちの家族。

旦那はハリウッドスター並のプール付き高級邸宅を夢見
地下には自分専用の音楽室を建築予定。

頑張って宝くじ当てておくれ

…またしても話が脱線してしまった。

で かりんに話を戻すけど 
彼女はたくさんの本に囲まれていると落ち着くらしい。

幼少の頃から集めた100冊を越える絵本たち。
私や旦那のお気に入りの小説や専門書の数々。

本の背表紙を眺めているだけでも
本の匂いに包まれているだけでも 幸せなんだそうだ。
よっぽど本が好きなんだね。

ヒマさえあれば本を引っ張りだして あっという間に読破してしまうかりん。
近頃じゃ私の好きな小説まで読みこなすようになってきた。

私は部屋でくつろいで本を読む…といったことが苦手。

部屋のいろいろなとこに目がいってしまい
意識が拡散してなかなか集中できない。

本を読むならどこかゆっくりコーヒーを飲めるお店がベスト

家の中だったらトイレだね

トイレは実に集中できる場所。
用をたさなくても トイレにこもっての読書タイムはとても落ち着く。
だれにも邪魔されない感がいい。

近頃 この私のリラックスタイムをマネする不穏な動きが出てきた。

初めは旦那 次にかりんが本を持って 
いそいそとトイレに入っていく姿を発見じー

ちっ 人の縄張りを荒らしやがってブー

こんなにトイレ読書がブームになっちゃあ いつも誰かがトイレに入ってて
緊急事態のときかなり困る。

ある日トイレに見慣れぬ本が置いてあった。

「かいけつゾロリなぞなぞブック」

…。
またしてもろっち…がーん
トイレにこもって読むほどの本じゃなかろうもんガーン

そんなろっちの落ち着く場所は…
母の膝の上だと

朝起きると真っ先に母の膝に飛び乗り 
新聞の4コマ漫画ちびまる子ちゃんとスポーツ欄を読みふけるろっち。

ろっちから脱出とばかりにクッションに寝転がると
おかんストーカーのろっちくん 一目散に母目掛けてダッシュ走る
すばやく母の背中の上にマグロ状態でピッタリ寄り添う汗

どんだけ好きなん?

旦那→ギター部屋
私→トイレ
かりん→図書室
ろっち→おかん

落ち着く場所は人それぞれラブ
スポンサーサイト



category: family