FC2ブログ

yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




地球が怒っている  

「地球が怒っている」
とは 私の尊敬するKさんが数年前に発した言葉。

その時は 「またまた大袈裟な~」
なんて 軽く笑って受け流していたのだけど…。

最近の自然災害の凄まじさには目を見張るものがある。

ここ数年間 以前とは比べものにならない頻度と威力で
私たち人間に襲いかかってきているような気がして恐くてたまらない。

地震・津波・干ばつ・洪水・山火事・台風・ゲリラ豪雨…

名前を挙げればきりがないくらい 世界のどこかでつねに天災が起きている。

”テレビやネット・ラジオで見聞きする天災のニュースは 
自分たちのいるところから遠く離れた場所で起こる出来事…

大変だな 心配だな と無責任な感情だけ表にだしつつ
漠然とだけど 自分の住む地域は大丈夫…”

なんて身勝手に思っていた。

そんな私の慢心を嘲笑うかのように起きた 昨夜の大洪水。

子たちとともに ずっと楽しみにしていたプロ野球オールスターゲームに興じていて 
外の出来事に全く無頓着だった私。

管理組合からの連絡で初めて付近の緊急事態を知る。

樋井川が氾濫した汗

慌てて外に出てみると 自転車たちがタイヤ半分ほど浸かった状態。

ひぇ~ぱんだ

ズボンをめくり ザブザブと川と化した地面を歩く。

駐車場を恐る恐る覗くと 心配していた車はかろうじて無事。
道路より少し高くなっていたのが幸いした。

でも 近所のマンションの地下駐車場や立体駐車場は天井まで浸かったとのこと。
どれだけの車が被害に遭ったのだろう

床下浸水した家も多々ある。

テレビのニュース速報で私の地区名がトップで流れると 
電話やメールがバンバン鳴り響きはじめた。

「お母さん うちの前の通りがテレビに映っとうよ
興奮する子どもたち。

これでこの地区をニュースで見るのは3度目だ。

1度目は数年前の福岡西方沖地震のとき。

2度目は1年ほど前の通り魔殺人事件のとき。
(これは自然災害じゃないけど人身災害ね)

そして今回。

こうして考えてみると 災害を自分とは無縁の出来事と思い込んでいた私の 
いかに愚かなことか。

すぐ近くで起きたことに関して その時だけ大騒ぎしておきながら
喉元すぎれば熱さを忘れる…
というように 時間とともに危機感が薄れていく。

ここ最近の日本の気候は 猛暑 豪雨 台風 暖冬。

旦那いわく
「温暖湿潤気候じゃないよ。もう亜熱帯気候になってる。」

…。

じゃ いずれ熱帯雨林気候になるってこと?
日本がジャングルになるってこと?

日本に限らず世界中を見渡してみても 
異常現象があちらこちらで起こりつづけているのは確か。

地球がどんどんおかしな方向に進んでいってる。

人間が今まで散々好き勝手に地球を破壊してきたから 
地球が怒ってるんだよ。
これからは地球が人間を破壊してくるよ。


鼻で笑い飛ばしてたKさんの言葉が 真実味をおびて私たちに迫ってくる。
スポンサーサイト



category: life