yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

夏の不調  

昨夜は熱帯夜で寝苦しかった。

びっしょり寝汗をかいていたにもかかわらず
知らぬ間に目覚ましを止めてて
気づいたら5時…。

朝練ど~しよっかな~。

布団の中で葛藤すること30分。
なかなか起きれない。

やらずに寝ていたとしても この暑さじゃ気持ちいい睡眠は得られないだろう。

気持ちが乗らずとも ゆっくりと体を動かしていけば 
体の老廃物が放出され 血流がよくなり 心地よい爽快感を得て 
1日のすがすがしいスタートがきれること間違いなし!

よしっと重たい体を持ち上げる。

今日はスタンディングとシッティングまで。

思ったとおり アーサナが進むにつれ 身体がほぐれ頭がスッキリしてきた。
そうそう やれば気持ちいい。

最近 朝なかなか起きれず 体も頭もスッキリしない日がつづく。
なぜ?

梅雨は解毒の季節。

1年の疲れが表に出やすく
この時期に体調を崩す人は多い。

精神的に変調をきたす人もいる。
うつ症状もこの時期にひどくなると言われている。

実は梅雨の前に プチ解毒時期 というのがある。

2月 立春を過ぎたあたりからがそうだ。

体が 自分を取り巻く自然の力に敏感になっていれば
だいたいその頃 調子が悪くなるはず。

ここで軽い解毒をしておけば
梅雨の時期に入っても 大きな体調変化に苦しむことはまずない。

プチ解毒がないまま本解毒の季節に突入すると
熱が出たり 身体を痛めたり うつ症状が出たりするらしい。

私みたいに 体が重かったりひたすら眠たかったり…というのは 
いつもとは違う身体の様子ではあっても
つらい 苦しい といった病気の類ではない。

ひどくなる前に 自分の変化に気づき用心しているから
以前のように大ごとになることはほとんどない。

気づかず自分の身体を過信して過ごしていると
大ごとになる。

自分に気づくことの大切さ。

さらに身の丈を知り おごり高ぶった態度は 身の破滅を招く。
何事においても謙虚な心が身を守る。


…解毒の季節 特に気をつけなければいけないのは
身体を冷やさないこと。

体の冷えが病気を引き起こすことは周知の事実だけど
わかっていても
この暑い季節 実践するのはなかなか難しい。

今体調を崩している人に尋ねてみると
やっぱりこの暑さで 冷たいものをたくさん取ってたり 
冷えた室内で長く過ごしていたり…という人が多い。

私は数年前から 大好きだった食後のアイスクリームを封印した。
どんなに暑くても 氷の入った飲み物は頼まない。
家では熱い番茶を常温に戻して飲むようにしてる。
クーラーは極力つけない。(つけても温度設定28度)
 
小さな積み重ねが
女性特有の冷えや偏頭痛 肩こり などの
病気に行くほどではないんだけど…程度の不調に効果ありです

ヨガの練習や日常の何気ない動作で身体を痛めたりするのも
冷えが大きな要因。

それが腰であろうと肩 首 背中…いかなる部位であろうと
内臓の冷えが原因です

痛めたときはまず内臓を温めること。

内臓は腰近くに位置するから 
腰を温め身体を冷やすものを取らないこと
これが大切。

 
昨日の夕方から雲が夏雲に変わっていた。

九州南部は昨日梅雨明けしたらしい。
福岡の梅雨明けもまもなくだね。

今日の日差しはすでに夏のもの

暑さにしっかり対処しながらも
身体を冷やし過ぎることなく 夏の不調を乗り切っていこう。

スポンサーサイト

category: yoga

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。