FC2ブログ

yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




オンユアマークス  

4月24日 オンユアマークス当日。

子どもたちがどのポジションに付くのかは当日の抽選で決まるから 
親も子もみんなドキドキわくわく 期待と不安の入り混じった表情をしている。

かりんは3番目にくじを引く。
紙を開いてみると…

「レフト」

レ・フ・ト!?
今日のレフト誰~?

最近のホークスはスターティングメンバーがよく変わるため 
レフトを守るだろう選手が何人かいて 「この人!」と特定できない。

いろんな選手の名前が頭の中をぐるぐるめぐる。
考えれば考えるほどドキドキが増す。
こうなったら出たとこ勝負だっ!

時間が近づき グラウンドへ続く通路に案内される。
そのとき…。

目の前にめちゃでかい男の人が歩いてくるのが見えた。
目深にキャップをかぶってる。

斉藤和巳やんっ!

ピンときた。

きっと私が一番に彼の存在に気づいたはず。
私の動物的嗅覚は 今までにもこういう状況でいかんなく発揮されてきた。ふふっ。

かりんをつつき 声をかけるようけしかける。
(親が声かけても応えてくれないからね)

かりん 小さな声で…

「がんばってください。」

「おうっ!」

応えてくれた~!!感激のかりんと私。
クールな和巳なだけにめったにないよ こんなラッキー!

興奮冷めやらぬ中

「レフト松中選手」のアナウンス。

ひ~ 松中やんっ!

かりんもビックリしている。

大丈夫 落ち着いて 大丈夫 きっと優しいよ。


Kに声かけてる私自身が大丈夫じゃない 落ち着いてない。
ははっ 情けないね~。

ホークファミリーのリックに手をつながれて かりんいよいよ大舞台へ!!

MCマックスに名前をアナウンスされたかりんは マイク向かって 

「松中選手 今日もホームランを打ってください!!」と大きな声でコメント。
しかも 大画面のホークスビジョンに向かって 笑顔でウィッシュポーズ

すごっ!かりんがこんなに大胆なことやれるなんて意外~。

そしてレフト方向へ全力疾走。
かりんがポジションについて待っていると 松中選手がレフト方向へ走っていった~!
松中選手からボールらしきものをもらってるっ!握手してるっ!

ホント興奮しすぎだね 親バカですみません…。

私が待っている場所からレフトは遠すぎて 
どんな表情で二人が話しているのかまでは見えなかったのが残念だったけど。

そうこうするうちに 数分間の夢の時間オンユアマークス終了。

かりんがダッシュで戻ってきたとき 彼女は満面の笑みを湛えていた。

「いっぱいしゃべったよ! 
弟のこととかクラスのこととか。
みんなでいつもホークスを応援してますって。めちゃめちゃファンですって。
そしたら ありがとうございます!って2回も握手してくれた~。」

よかったね。
貴重な時間を 余すことなく十二分に活用できたね。

わが子ながら しっかりチャンスをものにして最高の思い出をつくったその力はすばらしいな~と
ただ感心するばかり。

チャンスを得ても 緊張のあまりうまくそのチャンスを生かせなかったり 
楽しめなかったりすることは多々ある。
チャンスをどう生かすかは そのチャンスをつかんだ本人にかかっている。

自分の周りで起こる大半のことは その人自身が関係している…とは樹木希林さんの言葉。

楽しいか 楽しくないか。 
満足か 不満足か。
全てはその人しだい。
ポジティブに考え ポジティブに進めば 必ず幸運はやってくる。

今日のかりんは チャンスをつかみ それを引き寄せ 自分の力で存分に楽しんだ。

おめでとう。


スポンサーサイト



category: baseball