yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

さよなら黒猫堂  

2011年、六本松の路地裏でひっそりとはじまった黒猫堂が、その6年の歴史に明日幕を閉じます。

黒猫堂にはいっぱいいっぱいお世話になりました。

愛情たっぷりのパンを目がけて、朝練帰りに毎日通ったあの日々が懐かしい。

焼きたての馨しい香りをまとったパンたち。
淹れたての珈琲の湯気とアロマ。
常連さんたちとのお喋り。
焙煎中の珈琲豆の煙にむせる。
ストーブで焼いて食べるパンの香ばしさ。
匂いにつられて居座る犬くん猫ちゃん。
なおさんの笑顔。

インスタをはじめたのもちょうど6年前で、黒猫堂の写真がきっかけで福岡をはじめ全国に縁が広がりました。

 *一周年のときの記事→ ★(CLICK)

IMG_5803.jpg





明日が本当に最後だなんて実感が湧かないまま、大好きな珈琲葛クリームパンを食べ納めに行ってきました。

IMG_5801.jpg


最後になおさんに会えてよかった。

あの楽しかった日々が6年前とは意外だねー、もっとたくさん月日が流れた気がする。
という私の言葉に、

大人の5〜6年は長いですよ。重たいですよ。
そう返してきたなおさんの言葉がとても印象的で。

大人になってからの1年1年はなんと濃いことだろう。
たった1年前を振り返っただけで、自分や周りの状況が大きく変わっている。
まして5年前10年前なんて、今の自分を想像すらできなかったもの。

世は常でないということ。
日々の積み重ねが未来の自分を作っていく。



これからなおさんは福岡を離れ新しい土地へ。
おめでとうの旅立ちです。

パンづくりからも離れるとか。
なおさんのパンを食べれなくなるのは本当に残念だけど、この6年間まともな休みもないまま突っ走ってきたもんね。今はゆっくり休んでください。

IMG_5805.jpg

さよなら黒猫堂。
たくさんたくさんありがとう。

またいつか、珈琲葛クリームパン食べたい。

スポンサーサイト

category: bread

黒猫堂の夏休み  

「お盆は黒猫堂おやすみですか?」
「黒猫堂の営業日はいつですか?」

…相変わらず黒猫堂の質問が私のもとへ続々と舞い込んでくる昨今・笑。

広報担当としては 黒猫堂情報をみなさまにお知らせする使命がありますので
この場を借りて「黒猫堂の夏休み」をお知らせしておきますね。きりっ。

黒猫堂…今年はちょっぴり長めの夏休みをとります。




8月後半はふうてんの寅さんごとくぷらリひとり旅に出るようです。(いーなー)

黒猫堂のパンをお求めの方は 営業日を間違えずにお出かけくださいね。

category: bread

黒猫堂への道  

今日も小雪ちらつく冬らしい寒さ。

今朝は黒猫堂の取材&撮影に立ち会ってきました。

今回の取材元は『cafe-sweets(カフェスイーツ)』


いやいやこんな冷静に紹介していいはずがない。
あの天下の大御所『cafe-sweets』ですよ!

『cafe-sweets』といえば 
製菓・製パン・カフェ業界でプロに圧倒的な支持を得ている専門誌。
特集では毎月テーマを変え国内・海外を問わず時代の最先端をいく話題の店をレポート。
さらに 商品の徹底分析など作り手に役立つ情報を紹介。
“読みやすく わかりやすく 役立つ”がコンセプト。
オールカラーで構成するビジュアルを重視した誌面構成で
業界のプロ・プロを目指す方々に向けて最新の情報を届ける業界屈指の月刊誌!

…って 『cafe-sweets』の宣伝をしてどうするよ汗。

つい熱く語りすぎてしまいました。

私もパン屋を夢見ていたころには毎号読んでました。
高いから本屋で立ち読みしたり この雑誌を置いてるカフェで読んだりだったけど。

とにかくそのくらい凄い雑誌なんです。

こんな超一流雑誌に黒猫堂が載っちゃったりしたら
日本中の目が黒猫堂に注ぎ込まれるのは間違いない。

そしたらきっと日本全国のパン好きさんたちが黒猫堂めがけてやってくるんだろうな~。

む~。ちょっと複雑な気持ち。

今日の『cafe-sweets』に限らず ここのところ黒猫堂は取材続き。

先日もシティ情報ふくおかの取材が来てたし
先週・先々週も地元のテレビ局によって取材を受けた様子がOAされてたし。

有名になって売り上げも伸びて黒猫堂が順風満帆に進んでくれるのはうれしいけど
でも 隠れ家的な憩いの場所としてちょっぴり秘密にしておきたい…っていうのが
実のところ本音だったりして。

今朝来てた常連さんも
「できるだけ小さく載せてね。大きくはだめよ。有名になったらこまるけん!」
なんて おもしろすぎるお願いをしてました。

うん 気持ちわかる笑。



ま でも naoさんの日々の努力と苦労を思えば有名になって何ぼのもんですよ。

私たち黒猫ファンは 
温かなまなざしでその行く末を見守り応援していこうではありませんか。

実は 最近よく生徒さんたちからも黒猫堂のことを聞かれます。

黒猫堂の場所はどこですか?
黒猫堂に行きたいんだけど道がよくわからない。
黒猫堂のパンでおススメはなんですか?

すべての質問に対し懇切丁寧にお答えしてますが そんなとき
私ってヨガの先生なんだろうか…
黒猫堂のスタッフなんだろうか…
と 自分のポジションにある種の錯覚を覚えます笑。

黒猫堂への道はこちらの動画をご覧ください。
この通りに進めばきっと間違いなく黒猫堂へたどり着くはずです。



黒猫堂掲載の『cafe-sweets』は4月5日発売予定。
お楽しみに★

category: bread

1st Anniversary  

いつもお世話になってる黒猫堂

今日めでたく1周年を迎えました。

店主naoさんが作るパンは
国産小麦などカラダに安心な素材を使った素朴で優しい味。

毎日食べても飽きません。

私が黒猫堂に出会ったのは昨年の3月。

不思議なつながりで突然店を訪れたあの日以来
黒猫堂のファンになった私は日々せっせと通い続けることに。

黒猫堂はパンの美味しさもさることながら
その日の朝挽いたばかりの珈琲豆を丁寧に一杯だてしてくれる
自家焙煎珈琲の美味しさも見逃せません。

数々の珈琲専門店で修業を積んだnaoさんが淹れる珈琲は
香ばしくもすっきりクリアな味わい。

珈琲が苦手という人でもすんなり飲めちゃう不思議な味です。

珈琲の芳しい香りと焼き立てパンの匂いに包まれた店内は
珈琲好きパン好きの私にとってはたまらない癒しの空間です。

椅子に腰かけ 珈琲をすすり 楽しく談笑しながら通りを行きかう人を眺めていると
タイムスリップしたかのように時を忘れちゃうこともしばしば。

ついつい長居してしまう危険な場所でもあります笑。

夏は扇風機 冬はストーブが登場。
ちょっぴり昭和の香り漂うレトロな雰囲気が
その居心地の良さにつながってるのかもしれません。

黒猫堂にはさまざまな人たちが集まってきます。

出勤前 朝の珈琲を飲みにひと息つきに来る人
職場のお昼ごはんにと自転車に乗ったままパンを買い求める人
朝のパンのおつかいにやってくる来る小学生
世間話に花を咲かせる近所のおばちゃん
2人であれこれ楽しそうにパンを選ぶ仲のいいご夫婦
遠方からはるばる黒猫堂の評判を聞いてやってくる人…

老若男女問わず 時には猫ちゃんや犬くんにも大人気の不思議なお店黒猫堂。

この店がたくさんの人たちに支持される理由は
naoさんの飾らない人柄とフラットな接客によるものだな~と
最近つくづく思います。

でもその笑顔の奥にはきっと並々ならぬ努力が隠されているはず。

しかも彼女の場合はたった1人で…
女性1人でお店を切り盛りするなんて並大抵の努力じゃできません。

小さいころ(いや実は今でも…)パン屋さんが夢だった私は
実際2年間ほどパン屋で働いた経験があるので
その労働のきつさが半端ない事はよくわかっているつもりです。

毎朝2時に起きてまだ夜も明けぬうちからせっせとパンを作り続けるって
想像以上に大変なこと。

体力勝負気力勝負。

徹底した自己管理が求められるし
たった1人での作業は孤独との闘いでもあります。

本当に強くないと続けられない。

私よりもずいぶん年若い彼女だけど
精神的にはかなり大人で見習うべきところがたくさんあります。

そんな彼女の大切なお店黒猫堂が
今日めでたく1周年を迎えることができて心から本当に嬉しいです。

「1年なんてまだまだ続けたうちに入らないですよね」
とあっけらかんと言い放つnaoさん。

その言葉が謙遜なのか自分自身を鼓舞しているのか その真意はわからないけど
でも「つづける」ってどの分野でも難しいこと。

だから彼女が1年間「つづけた」ことに対して素直に素晴らしいと拍手を送りたいです。

その道のりは決して平たんではないだろうけど
私たち黒猫ファンの憩いの場としてこれからも長く存続してほしいな~
と心から願う今日の日でした。

1周年ほんとにおめでとう。



category: bread

栗の季節  

今年もやってきました 栗の季節。

天津甘栗バゲット
天津甘栗バゲット

美味しすぎて止まりません。

今年は何本食べるかな?笑

category: bread

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。