FC2ブログ

yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

はる&ちゃま  

4ヶ月ぶりのブログ更新。
ごぶさたです。
ミスチルあたりで終わってるところが私らしい。
早く新曲でんかな。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

先週はるさんとちゃま先生が福岡にやって来た。
ちゃま先生は私の10年来の先生。
ヨガにおいて私は先生から多大なる影響を受けてきたし、今の私があるのも先生のおかげ。
なんだけど(これも先生の口癖やんね)、つきあい長くなるとその人となりにも深く触れる機会が多くて。
先生はティーチングしてる時はすんごい大先生に見える。(いやほんとに大先生なんだが)
声もいい。
その昔歌手目指してた。
なんなら目つぶって声だけ聞いててもいい笑。
日常生活に戻ると(実はこれが人生の大半を占めるのだが)、全くもって不器用。
というか、あっという間に子どもに戻る。
中二男子や小学生だったり、たまに2歳児にも見えてくる。
やんちゃな人。
憎めないキャラなんだな。
今回も久々の来福で、対面してすぐ、
「あれ、先生誰かに似てない?えー、誰だっけなー、、、」
私が思案してると、間髪入れずに、
「あ、ジョニーデップだよね、最近よく言われるんだ。
ジョニーデップ。イケてるでしょ、ジョニーデップ。」
帽子の角度を確認しながら、ホテルフロントで何度も繰り返す前乗りジョニーデップは、目の前のホテルウーマンの失笑を誘っていた。
先生、みんな聞いてますよ。
言うほど似てないから、、、(細目で眺める)
B級ジョニーだから、、、

その先生からはるさんの福岡WSを頼まれたのが今年のはじめ。
ゆみちゃん、はるさんを福岡の人に紹介してよ、って。
ただ一つ注意があって、もしかしたら途中はるさんの気分が変わったらこの企画流れるかもしれないから、って。
はるさん次第なんだけどさ、って。
おいおい、ヒプノの大御所だよ。
しかも企画倒れの可能性があるってよ。
先生とのやりとりもまあ大変なんだけど(何かとすぐ忘れるからね)、さらにその上を行くのか。
私試されてるなー。
いつまで試され続けるんやろー。
大御所のはるさま、LINEのやりとりがいまいち分からず、「はい、はる」とか、「楽しみです、はる」とか、チャットで十分な短文をメールでやりとりする方式。
こちらもおかしくて仕方ない。
ある意味新鮮。
でもね、元コピーライター、現作家さんでもあるので、時に発する言葉はどきっとするほど美しいのです。
その言葉にその日1日心豊かに満たされたりね。
とにかく言葉が響く人。
不思議と今回はやりとりがスムーズで、何にも制限されることなくはるさんの来福が実現した。

はるさんを迎えにいって初めて挨拶をした時、なんだか初めてじゃないような、懐かしいような気がした。
よれっとしたTシャツと、一見パジャマ?的な羊のパンツ。
75歳のおじいちゃん。オーラは感じない。いや感じさせない。
本当にすごい人ほど「すごいだろうオーラ」は出さないのだ。
手には、所々破けた紙袋をガムテープで補修した自作のバッグ。
とぼけた犬の絵が見える。どこのショップの紙袋だろう、、、
両サイドにはサングラスと靴べらを入れるプラスチックのポケットみたいなのが装着されてる。
すげー。斬新。
空港のゲートで止められんかったかな。
もわもわな妄想と、ドキドキの緊張をひたすら隠しながら、笑顔でおしゃべりする私。
無駄に歳は重ねてない。

草香江ヨガに着いて第一声。
はる:ここは気がいいねー!
ゆみ:やったー!
は:植物や置物や、この空間全体が、ゆみさんに、みんなに気に入ってもらってる、ってちゃーんと知ってるんだ。
  自分たちは気に入られてる、ってことを気に入ってるんだ。
ゆ:嬉しー涙。
は:お金とか、欲とか、そんなものがどこにもないね。
  だからいい空間なんだな。凛としてるよ。
  だから、みんな居心地よくて集まってくるんだな。
  世俗的なものがあるとこうはいかないよ。
ゆ:涙
は:ゆみさんはここでこれまで通りご機嫌に生きるといいよ。
  煩わしいことや人には関わらない。
  手放すとか解放するとかなんか難しいじゃん。
  ただいつもご機嫌さんでいればいいの。
  そしたらご機嫌になりたい人がもっともっと集まってくるよ。
  ここはそういう場所。
ありがたい、、、
個人セッションが始まる前に、もう充分ギフトいただきました、って感じ。
感無量とはこのことだね。

私は初めてのヒプノセラピーをはるさんから受けた。
そもそも自分が催眠療法を受けるなんて今年の頭まで考えもしなかった。
こういった偶然は突然やってくる。
そして、それも偶然ではなく必然なのだ。
こうなる導きはあった。
私はそのことをちゃんと知っている。
セラピー中、イメージ画像はさほど鮮明ではなく、ぼやけながらもそうかなあ、と見えてるようで見えてないようで。
その代わり、重たさ、硬さ、痛み、光、そういった感覚的なものがダイレクトに身体にやってきた。
は:ゆみさんは身体に直接やってくるタイプなんだね。
  白い光は変化の前触れ。この光は天からの光。
  ゆみさんは光与えられしもの。宇宙の一部。
気のせいかもしれないけど、セッション以降のものの見え方や考え方は確実に変わった気がする。
いろんなことがクリアになってる、以前よりもずっと。
はるさんによると、私は50を境に旅人になるらしい。
本当の自由を手に入れ、好きなことやって気の向くままに生きる。
まるではるさんみたいだ。

土曜日には多くの人たちとのグループヒプノが行われた。
想定外のぶっ飛んだはるさんの言動に、きっと参加者の大半が驚いたに違いない。
でも、そこはやっぱりヒプノの第一人者。
瞬く間にはるさんヒプノワールドですよ。
はるさんの言霊は異次元だもの。
ここで行われたのはみんなで体験するグループヒプノなんだけど、個人でやったこととさほど変わりない体験を、この短い時間で大人数の中で味わってる人が多いことに驚いた。
そして私も、個人セッションを経たこのグループヒプノで、意識がさらなる展開へと進んでいた。
意識の変容。
ちょっとびっくり。
意識も流れる。移ろう。
覚醒した人もいた?
WSや個人セッションを受けた人たちは、確実にその後の世界の見え方が変わっているようだった。

ゆみさんの周りにはすごい人たちが沢山いるねー。
すごいっていうのは、強者、ある意味厄介ってこと。
抱えてるものが大きい。それだけエネルギーが強い。
だから今回のヒプノ、結構大変だったー。でも楽しかった!
はるさんはくしゃっとした笑顔でこう言う。
はるさんは見えてるしわかっている。
けど、発言した後に、嘘かもしんないよー、信じなくていいよー、ってごまかす。
みんなを深刻にしないために。
信じるも信じないもその人次第。
でも感度の高い人たちは気づいてる。
目に見えない世界、意識の世界がちゃんと存在していることを。
まやかしでもなんでもない。
人間が作り出した、目に見える世界の方が圧倒的に狭くて、その中で必死に生きようとするから、もがくから、みんな苦しくなって息ができなくなるんだ。
そして、もっと広い意識の世界を知ると、味わえると、そこにはなんの恐れもないんだってことに気づく。
はるさんの、
この世で最もいらない感情は「恐れ」なんだよ、
という言葉が印象的だった。
魂は、様々な体験するために、人間という肉体に入り込んでやりたいことをやっている。
ただそれだけなんだ。
苦しみたい人は苦しい経験をしたいから、
何か成し遂げようとする人はその経験をしたいから、
何にもしないって経験もある、
死もその一つ、死ぬってどんなことか経験してみたいんだ。
早く死ぬも遅く死ぬも、病気で死ぬも、殺されて死ぬも、
そこまで生きる、そこで死ぬ、どんな風に死ぬ、全部決めてここにやってきてる。
全ては魂の選択、つまり、自分の人生は自分で選択しているってこと。
豊かな人も、しんどい人も、そういった人生を自分で選択して生きている。
そう思うと、どこにも恐れなんて存在しない。
魂の体験のためね。
魂は体験を喜びとするそうです。

はるさんのお話はこのくらいで。
息子さんの松本大洋さんのぶっ飛ぶお話もあるんだけど、トランポリンカフェの笑える話もあるんだけど、明らかにちゃま先生と比べて分量多すぎ。
次回に回す。
ちゃま先生、分量少なくてごめん。
大好きだよ。
愛すべきやんちゃなこの2人に、またすぐにでも会いたいなあ、とぼんやり想い描きながら、久々のブログ更新。
長文になっちゃった。
白ワインとレーズンのせいだわ。

IMG_1775.jpg
スポンサーサイト

category: yoga

ジョー先生  

東京でジョー先生の解剖生理学を受講してきました。
ジョー先生とは1年前NYで出会っていて、その謙虚で純粋なヨガへの取り組みに瞬時に惹かれました。
5時間×4日間、トータル20時間の講義。
細胞から筋肉、骨、呼吸、循環、神経に至るまで、カラダの隅々での目に見えない働きを学び、
ヨガの実践の中でカラダの内側で起こってる様々な反応を、生理学の視点から分析していきました。
学べば学ぶほど、私たちのカラダは神秘に満ちていることに気づきます。
ジョー先生が、私たちのカラダは海だよ、と言った言葉が印象的で、福岡に戻り早速クラスの中で使う要領の良さは健在です笑。

IMG_9118.jpg

Thank you, Joe.
See you again.

category: yoga

卒業のとき  

先日、私が担当するYMC指導者養成講座の第3期生が卒業しました。

いつもそうなんだけど、
はじまるときはちょっぴり緊張、そして戸惑い気味だったみんなが
時を経て、和み、団結が深まり、自信に満ちた面持ちで旅立っていく。

卒業のときは、私も「責任」という重荷をおろした安堵感を味わうとともに
背後にまとわりつく「寂しさ」という余韻が切ない。

これまでの卒業生がそうだったように、第3期生も更なる飛躍を遂げますように。

いつも応援してます。

IMG_8167.jpg



卒業生からいただいた素敵なドライフラワー。

IMG_8232.jpg

草香江の教室に飾らせてもらいますね。

みんな、卒業おめでとう。

category: yoga

マイソールクラス  

6月はYMCヨガスタジオで、アキちゃんの代行としてマイソールクラスを担当します。

日にち:6日(火)11日(日)13日(火)16日(金)25日(日)
場所:ymcメディカルトレーナーズスクール(天神西通りauショップビル3F)
時間:7時(指導開始) 9時(クローズ)
料金:ドロップイン2500円

お気軽にお越しくださいね。

ymcあきちゃんと

category: yoga

ドミニカ先生ありがとう。  

先週末はドミニカ先生のWSが警固神社で開催されました。

とてもエキサイティングな3日間。
火照った身体と心をクールダウンさせるために、少しばかり、いや、いつも以上にたくさんの時間が必要でした。
やれやれ…と日常に戻ったところで、ようやくブログに取りかかります。

ドミニカ先生のティーチングはアイアンガーベースです。
アライメントに大変厳しく、時間をかけて怠けた身体を目覚めさせていきます。
身体を正しく使い動かすことで、怪我を防ぐことができます。

IMG_7929

そのために、プロップスを積極的に使います。
プロップスを使うことに慣れていない人は最初戸惑いますが、プロップスを使うことは決して恥ずかしいことではなく、意識を働かせるために必要不可欠なこと。
プロップスはヨガを楽しみながら自身を成長させるための大切なパートナー的存在です。

IMG_7939

IMG_7925

参加者の約9割がティーチャーという驚きのメンバーでした。
それぞれのヨガを長く練習・指導しているからこそ自身の癖が肥大している。
得意なとこばかり使って、苦手なとこを使えないままでいる。
自分ではできていたつもりが、全くできていなかった事実に気づく瞬間。

IMG_7963

今回のドミニカ先生来福は、福岡のヨガシーンに大きな一石を投じる結果となりました。
身体の動きを一から理解させ、紐解いていく。
分厚く覆われた殻を1枚1枚剥いでいくような作業が、身体にも心にも問われます。

IMG_7921
 
ドミニカ先生の指導は、一瞬たりとも気の緩みを許しません。
意識を身体に集中させる。
研ぎすませていく。
何度も繰り返されるプラティヤハーラ。

IMG_7942

解剖学的にも生理学的にも哲学的にも精通している本物の先生のクラスは、そのすべてが贅沢に盛り込まれ、これこそヨガの本質だよ、と私たちを深い深いところへ導いてくれます。
アーサナの数でもなければ難易度でもなく、身体の可能性と深遠なる意識。

dominica ws

時に厳しく、時にやんちゃなユーモアを見せ、常に慈愛に満ち溢れているドミニカ先生。
生徒のさまざまな課題を瞬時に見抜き、叱咤激励しつつも、ちゃんと心を寄り添わせながら真摯に課題に取り組んでいく…。
今回はじめてドミニカ先生に会う方が多かったですが、みな瞬く間にドミニカ先生のファンになりました。

WS後のキラキラとしたみなさんの笑顔が、いかにその時間が素晴しかったかを表していますね。

IMG_7981

IMG_7983

ドミニカWS

今回のWSは多くの方々の支えがあって開催が実現しました。
たくさんのプロップスを準備しなければならない中、お願いしたスタジオさまはすべて無償で貸し出してくれました。
UNIVAのカズさん&ゆきかさん、YMCヨガスタジオのアキちゃん、Hug A Treeのミカちゃん、ほんとにありがとう。助かりました。
たくさんのプロップスを運んだり片付けたりのお手伝いをしてくれた草香江ヨガスタッフ、他スタジオの先生方、通訳のナナ先生、参加してくださったすべての皆さま、どうもありがとうございました。
そして何より、素晴しき指導者ドミニカ先生、福岡にきてくださってありがとうございます。
心から感謝します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ドミニカ先生は福岡に来て毎朝自身の練習をしました。
朝7時半〜9時くらいまで、ホテルの部屋じゃなくてわざわざ草香江ヨガに来て。
どんなときでも自分の練習を欠かさないその姿勢に感銘を受けました。

dominca practice

「私はティーチャーだけど、その前にヨギーだから」
練習前に、草香江の小さな神さまガネーシャの前に手を合わせマントラを唱える。
本物の先生だな。本物のヨギーだな。
何度も、さまざまな場面で、確信しました。

dominica practice 2


ドミニカ先生は来年もまた福岡に来てくれるとのこと。
そしてきっとまたその先も。
継続学習を大切にするドミニカ先生と福岡でその縁を繋ぐことができて、本当にありがたいです。
日程が決まり次第お知らせしますね。
来年をお楽しみに。

category: yoga

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。